ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
<締め切りました>
クリエイターのための
「クリエイティブセンス育成講座」
〜クレイワークによる『感性の見える化』で、自身の発想力・創造力をUP〜


 
 
●クリエイティブセンスとは何か?

 「 新たな価値を見出す力 」
 
普段、ものづくりを通して、世の中に何かを生み出し続けるクリエイターの方々にとって、各自のオリジナリティが問われる大変重要な力です。

●クリエイティブセンスを引き出すトレーニング手法を紹介

本講座では、クリエイティブセンスを引き出す5つの流れ
『観察』 『受容』 『発想』 『創造』 『表現』
これらをクレイワークを通して体験&学習していきます。

●クリエイティブセンスがUPすることでの効果

<発想力>
新たなアイディアを生み出す際に、自分の中の『枠』を取り外し。自由な発想を展開できるようになります。

<表現力>
相手に与えるインパクトのメカニズムを知ることで、ひとりよがりではない、人に影響を与えられるようなアイディアを生み出し、表現できるようになります。

<コミュニケーション力>
思い込みをはずし、物事や人を自由に捉えていけることから、相手のニーズや、相手自身も気付いていないようなニーズを捉えることができ、様々なコミュニケーションがとれるようになります。
・クライアントとのコミュニケーション
・制作スタッフ間のコミュニケーション 等に効果的です。

この講座により、オリジナルの発想力、創造力の身に付け方を理解し、ひとりよがりではない、相手に影響を与えられるオリジナルスタイルを確立していきます。

 
 
 
· タイトル
<締め切りました>
クリエイターのための
「クリエイティブセンス育成講座」
〜クレイワークによる『感性の見える化』で、自身の発想力・創造力をUP〜


 
· 講師
山田 夏子(株式会社しごと総合研究所 代表取締役/クリエイティブファシリテーター・湘北短期大学 特別講師・バンタンデザイン研究所 非常勤講師・チームビルディング研究所 副所長・サンタフェ/NLP発達心理学協会認定 NLPライフコーチ・BCB認定トレーナー)
 
· 主催
株式会社クリーク・アンド・リバー社プロフェッショナルエデュケーションセンター
 
· 日付・時間
2009年7月4日(土)
 
· 参加料
8000円(税込)
 
· 対象
クリエイター全般の方々/ご自身の発想、創造性を活かしてお仕事をされている方
 
· 定員
25名
 
· プロフィール
【やまだ・なつこ】
クリエイターを養成するバンタンにて約11年間、スクール講師、スクールディレクター、各校館長を歴任。デッサンやアートトレーニングの授業から、ヘアメイク・ビジュアル・インテリアのスクール管理、人事にて社員教育に携わり、輩出した卒業生は1,500人を越える。
その後、人材ビジネス部門にて、クリエイターのキャリアカウンセラー、コーチ、スキルUPトレーナーとして、社内外にて活動。
独立後、株式会社しごと総合研究所を設立。 働く喜び、チームビルディングをテーマとした研修、コンサルティング事業の他、「世の中をもっとクリエイティブに!」を“クリエイティブ”を仕事や教育、生活などの中で、豊かな営みとして活用できるよう、感性開発のワークショップや研修を提供している。
·サンタフェ/NLP発達心理学協会認定 
 NLPマスターレベル修了
 NLPライフコーチ
·CTI JAPN 応用コース修了(33期)
·BCB認定トレーナー(コミュニケーションスキル)
·武蔵野美術大学 造形学部 彫刻学科卒
·バンタンデザイン研究所 非常勤講師
·湘北短期大学 特別講師
·IWNC ファシリテーター
·BIT(ビジネスインプロトレーニング) リーダー
 
· ひとこと
全ての表現活動は、何かを 『感じとる』 ことから始まります。
また、感性やセンスは、誰一人として同じものはありません。
粘土によって、さまざまな感覚を形にしていくこと。そこから見えるオリジナルの感性を発見し、人の持つ表現の多様性、オリジナリティの理解を深め、日常の仕事や生活に活かせる『感性』を磨いていきます。
また、感性は、クリエイティブ分野だけではなく、大きくコミュニケーションの中でも影響があります。
例えば、リーダやマネージャになりたてで、がんばって上司や部下とコミュニケーションをとろうとして、言葉を一生懸命に繰っているが、いまひとつ伝わらない。といった方が、このクレイワークを通して、言葉に頼らず部下と向き合い感じるということでのコミュニケーションを体得しています。
絵は身近だからこそ、上手い下手にとらわれてしまいがちですが、粘土は、上手い下手にあまりとらわれず、直接手で触れて形にできる分、本質的な自分の表現が見えてきます。
自分の感じたことを、形にしてみる。そうすることで、自分が何を感じているのかに気がついたり、相手にどんなことを感じ、伝えたいのか? に気づいていきます。
ぜひ一度、枠が外れるような経験を、体験下さい。
 
· 関連サイト
 
· 備考
・持ち物:筆記用具
・服装:楽な服装でご参加ください
(汚れが気になる方は、エプロンをお持ちください)
 
· 注意事項
・開催1週間前に最低開催人数に達しない場合は、延期または中止とさせていただくことがございます。予めご了承下さい。
 
· カリキュラム
・クリエイティブセンスとは何か?
・感覚表現について
・クレイワーク1(粘土による感覚表現)
・クレイワーク2(粘土によるコミュニケーション)
・オリジナルスタイルについて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク