ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
田原 弘樹さんのワークショップ
「クリエイターのための役立つ保険講座」

第1回:保障編<10月1日(水)開催>
〜ある日突然襲ってくる事故・病気・怪我による予定外の出費から生活を守るには?〜
フリーランスのクリエイターが準備するべき3つのポイントとは?

第2回:貯蓄編<10月15日(水)開催>
〜老後の準備は、国も企業も保障してくれない!?〜
フリーランスのクリエイターが準備するべき3つのポイントとは?
 
 
たとえば、フリーランスのあなたが、過労からストレス性胃かいようにかかってしま
い、約30日間入院したとしたら、負担するのは数十万円の医療費だけでしょうか?
胃かいようの平均在院日数は29.3日、入院医療費は1日当たり22,800円※1です。
その間とどこおってしまう仕事の収入減も考慮して準備できていますか?

フリーで活動していらっしゃるクリエイターさんにとって、サラリーマンであれば会社が準備してくれる社会保険や、退職金、年金などは、全て自分で準備しなければいけません。
ところが、お金にかかわることは、必要なのはわかっているが、苦手だったり、面倒くさかったりで後回しになることが多いのではないでしょうか。また、実際、そのことを真剣に考えたとき、いったい誰にアドバイスしてもらえばいいのか、どう解決していけばよいのか悩みどころだと思います。

このセミナーでは、フリーランスのクリエイターさんにとって、ある日突然起こりえる、事故や怪我、病気への備えとして、何を考え、何を準備するべきなのか?また、ほとんどの方が迎える将来リタイヤされたときの備えとして、どれくらいのお金をどんな方法で準備しておけばよいのかを、わかりやすく身につけていただきたいと思います。

第1回目の「保障編」では、特に、現役時に起こりえる突然の事故や病気への備えとして、
1.《目的》何のために?
2.《必要保証額》もしものときにいくら必要なのか?
3.《手段》保険で準備するのか?貯蓄でまかなうのか?
という3つのポイントを中心にお話します。

第2回目の「貯蓄編」では、将来無事にリタイアを迎えたときに、
1.《目的》どんな出費が?
2.《必要準備額》いくら必要なのか?
3.《手段》どのような貯蓄商品を利用すればいいのか?
という3つのポイントについてお話します。

5人から10人くらいの少人数制なので、それぞれのセミナーの後半では、個別の問題にもお答えする予定です。


★こんなクリエイターさんにお勧め
・特に今まで何も無かったが、そろそろ保険のことを考えようと思っている
・すでに保険に加入しているが、どういうときに役に立つのかよくわからない
・今の保険料や保障内容が適切なのか知りたい
・国の年金には加入せず、自分で準備しようか迷っている

★こんなことが分かります
・社会保険を上手に活用して、自分に必要な保障を準備できる
・将来準備するべき貯蓄額を明確にできる
・自分にあった運用方法がわかる
・自分が加入している保険の見直しのポイントがわかる


※1:入院医療費は1日当たりの診療行為費用。金額は全額自己負担を示すものではありません。
(平均在院日数:平成14年「患者調査」厚生労働省)
(入院医療費:平成14年「社会医療診療行為別調査報告」厚生労働省)
 
 
 
· タイトル
田原 弘樹さんのワークショップ
「クリエイターのための役立つ保険講座」

第1回:保障編<10月1日(水)開催>
〜ある日突然襲ってくる事故・病気・怪我による予定外の出費から生活を守るには?〜
フリーランスのクリエイターが準備するべき3つのポイントとは?

第2回:貯蓄編<10月15日(水)開催>
〜老後の準備は、国も企業も保障してくれない!?〜
フリーランスのクリエイターが準備するべき3つのポイントとは?
 
· 講師
田原 弘樹(日本FP協会会員 AFP/(社)生命保険協会認定 シニア・ライフ・コンサルタント)
 
· 主催
株式会社クリーク・アンド・リバー社プロフェッショナルエデュケーションセンター
 
· 参加料
各2,500円(税込) ※2回通し4,000円(税込)
 
· 対象
特に今まで何も無かったが、そろそろ保険のことを考えようと思っている方/すでに保険に加入しているが、どういうときに役に立つのかよくわからない方/今の保険料や保障内容が適切なのか知りたい方/国の年金には加入せず、自分で準備しようか迷っている方
 
· 定員
10名
 
· プロフィール
【たはら こうき】
某外資系保険会社のコンサルタント営業をしながら、経済・金融・教育・環境・医療・こころの問題に関心をもち、20代〜30代の若者たちに向け、将来の世界経済の荒波に負けない人生設計をどうすればよいのか?というマネーリスクセミナーを各地で行っている。
 
· 備考
お申込は、2回通しでも、ご興味のあるほうのみのお申込でも受け付けております。
 
· 注意事項
開催1週間前に最低開催人数に達しない場合は、延期または中止とさせていただくことがございます。予めご了承下さい。
 
· カリキュラム
第1回目の「保障編」では、特に、現役時に起こりえる突然の事故や病気への備えとして、
1.《目的》何のために?
2.《必要保証額》もしものときにいくら必要なのか?
3.《手段》保険で準備するのか?貯蓄でまかなうのか?
という3つのポイントを中心にお話します。

第2回目の「貯蓄編」では、将来無事にリタイアを迎えたときに、
1.《目的》どんな出費が?
2.《必要準備額》いくら必要なのか?
3.《手段》どのような貯蓄商品を利用すればいいのか?
という3つのポイントについてお話します。

5人から10人くらいの少人数制なので、それぞれのセミナーの後半では、個別の問題にもお答えする予定です。
 
· 過去の参加者の感想より
・保険に関して、ほとんど興味がなかったのですが、自分の入っているものに関して
も、これから入るかもしれないものに関しても、もうすこし考える必要があるかもと
思わせてもらいました。(Mさん 38歳女性)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク