ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
三井豊久さんのワークショップ

営業は苦手だから・・・できない・・・
作品だけで十分勝負できる・・・
クリエイターに営業なんか関係ない!・・・
それで食べられるのでしょうか?
「クリエイターだからできる営業のシナリオ設計図の描き方!」 〜知らないと仕事がなくなるクリエイターのための集客から受注、リピートまでのシナリオを詳しく解説〜
 
 
営業は難しい。営業は営業に向いている話し上手な人の仕事だ。一般的に営業にはそんなイメージがりますが実はそうではありません!保険のセールスレディや通信機器のトップセールスは業種に合った営業方法があるのです。一般業種の営業ノウハウ本やセミナーはたくさんありますが、クリエイター向けの営業ノウハウはあまり見かけません。でも集客からリピートまでのシナリオをきちんと設計すればクリエイターもクリエイターらしい営業ができるのです。話が上手でなくても良い。世間話が続かなくても良い。沈黙が続いても良い。クリエイターの強みは、その場で絵が描ける、そしてその場で相手のやりたいことの夢を描ける強みが元々備わっているのです。一般営業には決してできないクリエイターだからできる営業のシナリオ設計図の描き方を、実例を元に具体的に詳しく解説していきます。
 
 
 
授業風景
· タイトル
三井豊久さんのワークショップ

営業は苦手だから・・・できない・・・
作品だけで十分勝負できる・・・
クリエイターに営業なんか関係ない!・・・
それで食べられるのでしょうか?
 
· 講師
三井豊久(有限会社ルーマス 代表取締役/産業能率大学 キャリアサポートセンター講師/株式会社オリジン・タクシー・コンサルティング取締役/ひらめき新事業実践研究会 ひらめき塾長)
 
· 主催
株式会社クリーク・アンド・リバー社プロフェッショナルエデュケーションセンター
 
· 日付・時間
2008年9月13日(土)
 
· 参加料
7,000円(税込)
 
· 対象
クリエイター、クリエイティブ関係の経営者又は営業担当の方
 
· 定員
20名
 
· プロフィール
【みつい とよひさ】
私は高校卒業後、自分にいったい何ができるのか?まったく分からず、また就職する意味も進学する意味も本当に分からず、周りの友達が大学や就職をする中ただ一人呆然と立ち尽くしていました。しかたなく「そうだ!旅に出よう!」と一人横浜から九州は佐賀まで歩くことを決意し、自分にはいったい何ができるのか?何がしたいのか?それだけを考え続け、気が付けば27歳までふらふらとただ日本中を放浪することになってしまいました。友達はいつの間にか主任や課長になっていく中、私は社会人一年生として自分の会社「ルーマス」を起業させました。ただ絵が好きなだけのスタートだった。「デザインの仕事をさせてください!」とテレアポと飛び込みをただひたすらタウンページとにらめっこしながら繰り返し、門前払いと厳しいお断りの嵐を受けながら、少しずつ受注をいただいていった。そんな素人起業でも量を重ねていくと、見えてくるんですね!戦略が・・・・。もっと効果的なやり方を探さなければ、食えない!生き残れない!と自分を追い詰めていくようになるんです。どうやったらライバルに勝てるんだろう?今取引しているところから自分の会社に仕事を奪い取るにはどうすれば良いのだろうか?そんなことばかり考えていました。その答えが「差別化」だったのです。他社よりもココが違う!競争相手よりもココが凄い!そんな差別化を見つける事に全神経を集中していって見えてきたのが「強み」だったのです。クライアントの「強み」を発見し、言葉と絵にしデザインしていくことで他社との差別化をして実行し、12年間で2,000社以上の社長に直接会いルーマスを進化させていったのです。食べていくために必死で強みを発見する差別化をしていくと、クライアントから「三井さんは我が社の強みを引き出してくれる人」と言っていただくようになり自然と「強み引き出し」と言うサービスが誕生したのです。生き残るための手段、一歩前に出るための差別化、それが私は「強み引き出し」でした。企業やそこで働く営業マンやスタッフは皆自分の「差別化」をしたいと日夜努力を重ねている、でそれがなかなかできなくて困っている需要がたくさんあるはずだとそれが私にできる唯一の「差別化」を専門にするサービスに業務革新し企業とそこで働く人の「強みを引き出す」サービスに特化し新たなスタート切ることになったのです。強みを引き出して表現していくと「差別化ができ」戦略が明確になる、したがってそれに合うツールが作りやすくなり、今すぐ実行したくなる構造に企業が経営革新していくという良いスパイラルにはまっていくと言う仕組みを企業と一緒に作り上げていき、現在「強み引き出し研究所」として各業界の強みのノウハウを展開中です。
 
· ひとこと
デザイン会社から強み引き出しコンサルティング業に転身して、数多くの企業にお邪魔して感じたことは、企業はクリエイターを必要としているリアルな事実でした。でも現実は企業とクリエイターの出会いの場が無いに等しい。企業側も「クリエイターの方は営業して来ない」と不満を抱え、クリエイター側もどうやって営業したらいいのか分からない?」と言う問題を抱えていることに気が付きました。両者が出会いたいのに出会えない悩みを何とか解決したいと言うのが、デザイン会社を経営していた私の夢でした。これからのクリエイターに必要なのは、技術もさることながら「コミュニケーション能力」が不可欠です。営業や組織の中で働くためには「人からどう情報を引き出せるか?」が次の仕事につながる肝になりますので、クリエイターはクリエイターの強みを生かした営業をシナリオ設計して、仕事をゲットしていただきたいと思っています。
 
· 関連サイト
 
· 備考
<当日の持ち物>
名刺数枚
筆記用具
 
· 注意事項
開催1週間前に最低開催人数に達しない場合は、延期または中止とさせていただくことがございます。予めご了承下さい。
 
· カリキュラム
ステップ@ とにかく営業してみる失敗しても大丈夫
自分の強みを引き出す
集客を方法を決める(一番楽なやり方でやる)
主力サービスを決める(一番得意なサービスをひとつ選ぶ)
自分案内を作る(自分のチラシを作る)
やる日を決める(スケジュールに書き込んじゃう)

ステップA 失敗しても一度きりで止めない
自分の強みを知る
ターゲットを絞り込む(自分を必要としてくれているお客様を絞る)
エリアを絞り込む(効果的なエリアを絞る)
サービスを差別化する(自分の強みをサービスにプラスする)
営業の工程を決める
 集客(見込み客の集め方)
 追客(担当者と仲良しになる方法)
 提案(困り事のヒアリングとそれを解決する企画の立て方)
 クロージング(仕事の決め方)
 維持(何回も仕事を頂く方法)
自分のツールとトークとイベントを作成する
ひたすら諦めずに繰り返す

ステップB
必勝パターンをマニュアル化する
戦略
戦術
実行のスケジュール管理
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク