ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
中野貴史さんのワークショップ
「技術やセンスだけじゃギャラは取れない!」
クリエイターの営業を劇的に変える言霊(言葉の力)の活用法
言霊マーケティングでクリエイターとしてのブランディングを確立せよ!
 
 
世間ではクリエイターの地位がどんどん下がっています。
何故ならば、アプリケーションの進化で制作の専門技術が不要になり、マーケティングの普及で専門知識すら簡単に手に入るようになったからです。
実際、クライアント自ら作ったツールやサイトが次々に実績を上げています。

「もうクリエイターは必要なし!」

悲しいかな、それが現実です。
今のままでは中堅やベテラン層のクリエイターの収入は確実に減ります。
若手クリエイターもいずれはその立場に突入します。

この事態を打開するには、クリエイターの受け身の受注体質を変える必要があります。
自分自身を売り込む為の知識と経験が必要なのです。
その際に非常に重要なのが、想いを伝える言霊(言葉の力)です。
技術や知識やセンスはあって当たり前!これからは貴方の存在自体を必要となれないと
仕事は確保できません!

ここ数年のクリエイターをめぐる世間の変化はあまりにも早く、時間がありません!
安定した仕事の確保の為には、クライアントが貴方に発注する明確な理由が必要なのです。
クリエイターとしての独自性、つまり自分自身のブランディングが必要なのです。
今以上の仕事を確保したいクリエイター、将来が不安なクリエイターに必要な
これからのクリエイターに今すぐ必要な考え方と、行動方法をお話しします。
 
 
 
· タイトル
中野貴史さんのワークショップ
「技術やセンスだけじゃギャラは取れない!」
クリエイターの営業を劇的に変える言霊(言葉の力)の活用法
言霊マーケティングでクリエイターとしてのブランディングを確立せよ!
 
· 講師
中野 貴史(ソウルプロダクツ代表 言霊マーケッター/日本メンタルヘルス協会公認 基礎心理カウンセラー)
 
· 主催
株式会社クリーク・アンド・リバー社プロフェッショナルエデュケーションセンター
 
· 日付・時間
2007年4月14日(土)
 
· 参加料
6,000円(税込)
 
· 対象
今以上の仕事を確保したいクリエイター/将来が不安なクリエイター/独自性を身につけたいクリエイター/Gデザイナー、アートディレクター、Webデザイナー、イラストレーター、印刷会社社員、中小企業の経営者や広告宣伝担当者 等
 
· 定員
15名
 
· プロフィール
【なかの たかし】
大阪市立工芸高校 図案科卒業
印刷会社やデザインプロダクションで延べ約8年間、Gデザイナーとして勤めた後、大手メーカーの子会社にてアートディレクターとして8年間勤め、専属営業を抜きトップの売り上げを上げる。その後上京し、コネ無し、金無し、仕事無し状態で独立。どん底状態の中、クリエイターとして生きていくための道を探り、言霊マーケティング(商標登録済み)を考案。現在言霊マーケッターとして、たった一つのツールのみで新規の仕事を受注し続けている。
 
· ひとこと
20代の時のある日、先輩クリエイターを見ていて気が付きました。クリエイターには賞味期限がある!このままでは確実に若手に抜かれる。仕事が減る。収入下がる・・・じゃあどうしたらいいんだ。組織にぶら下がってたらいいのか?いや、それではやりたい仕事ができない。第一面白くない。クリエイターも時代や年齢に応じて変化しなくては生き残れないんだ!で、その変化ってどうすりゃいいのよ?そんな一般的なクリエイターの誰もが抱く不安について、僕が体験し、気付いて行動した同じ事を体験していただきます!
 
· 備考
当日、筆記用具とノートを持参ください。

 
· 注意事項
※開催一週間前に最低開催人数に達しない場合は、延期または中止とさせていただくことがございます。予めご了承ください。
 
· カリキュラム
1/自分自身の独自性を知る為の内観作業
自分のブランディング確立に必要な、社会の中の自分の存在意義を明確にします。

2/相手の言霊を引き出すヒアリング体験
心理学的アプローチで、相手の想いを引き出して、本人が気付いていない想いや価値を明確にします。このワークでヒアリング技術も同時に取得します。

3/相手の共感を呼ぶ自分の言霊(理念・志)の確立
内観した自分の存在と、ヒアリングによって引き出された他人による自分の印象を参考にして、自分ブランドの元となる言霊(理念・志)、自分を売り込む際のキャッチフレーズを作成します。これが明確になれば、売り込むべき相手と提供すべきモノが明確になり、営業方法そのものが変化します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク