ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
三井豊久さんのワークショップ
クリエイターのための「決める企画書」の作り方!
=企画に「強み」をぶち込んで仕事をゲットする!=
 
 
決まるか?
決まらないのか?
そんな気持ちでプレゼンの結果を待っているのは本当に辛い!
決まれば良いが、決まらなかった時は「一体この時間はなんだったのか?」とアイデアを出して作業してきた時間を否定してしまうくらい凹むものです。まあ、勝負事は勝つ事もあれば負ける事もあるので仕方がないが・・・・・。

できればその確立を上げたい!

そこにはたくさんの秘密がたくさんあります。まず、企画と提案の違いが理解できないと企画書を作るのか?提案書を作るのか?では根本的に工程が違います。このようにプレゼンにあたり知らない事や勘違いしている事がたくさんあります。それを理解しているだけでその確立がグンと上がり決まりだします。このワークショップでは、「決める企画」に必要なテクニックを「自分の強み」を活用しながら具体的にご説明していきます。
 
 
 
· タイトル
三井豊久さんのワークショップ
クリエイターのための「決める企画書」の作り方!
=企画に「強み」をぶち込んで仕事をゲットする!=
 
· 講師
三井 豊久(有限会社ルーマス代表取締役/日本明確化協会会長)
 
· 主催
株式会社クリーク・アンド・リバー社プロフェッショナルエデュケーションセンター
 
· 日付・時間
2007年2月24日(土)
 
· 参加料
7,000円(税込)
 
· 対象
自分の「強み」を見つけ出したい方/自分を売り込む方法を学びたいクリエイター、営業、クリエイティブ事業経営者/営業力を強化したい方/企画力を強化したい方/プレゼン力を強化したい方
 
· 定員
20名
 
· プロフィール
【みつい・とよひさ】
桑沢デザイン研究所卒業。1991年有限会社ルーマス設立、デザインプロダクションながら、商品開発や攻めの営業など異色の経営を12年間続ける。その後、組織を解散。数々の失敗と企画デザインのノウハウを中小企業の販売促進に応用して、その企業の強みは「商品なのか?」「会社の仕組なのか?」「人なのか?」を見分ける「明確化」会議を生み出す。会社の強みが明確化すれば、あとは新規開拓の具体策とその実行の仕組みをはっきりさせることで中小企業は成長することがわかり、自ら実行することで12年間蓄積した借金を僅か3年で返済。現在も数多くの顧問先を成功に導いている新しいタイプの経営コンサルタント。
 
· ひとこと
私はデザイン企画会社を12年経営して分かりました!
デザインの仕事は、辛い、儲からない、休めない、寝られない!

せっかく好きな事をしてるのに!なぜ?
こんなはずではなかった!なぜ?

私には何かが足りないのだ!
デザイン会社の経営者!社員もいる!
と言うことは、「商売」をしているのだ!

「商・売」=商品を売る!
商品はデザイン・企画
売るは営業

待てよ!
営業はできていたか?
いや待て!営業とは何だ?

商品を売るとは?なんだ!
たどり着いたのが、自分の強み!
自分の強みが分かると戦い方が見えてきた!
見えてくると、武器が欲しくなる!
武器が手に入ると、営業したくなる!

そうだ!
これが戦略なのだ!

商売には戦略が必要なんだ!

クリエイターにも戦略が必要なのだ!
戦略脳になるには、自分の強みをハッキリするのが、近道なのだ!
 
· 関連サイト
 
· 注意事項
・開催1週間前に最低開催人数に達しない場合は、延期または中止とさせていただくことがございます。予めご了承下さい。
 
· カリキュラム
@企画とは
企画とは企てるという事。相手をいつの間にかこちらに振り向かせ、こちらのペースにさせてしまう事。企画について議論していきます。

A企画と提案の違い
知っているようで知らないのが、企画と提案の違い。その秘密が理解できるだけでも決めるモチベーションがわいて来ます。

B企画を立てる(戦略を立てる)→自分の強みを入れる
現在実際にプレゼンしなければならない案件を持ち寄り、分析、戦略を立てながら修正して企画を練っていきます。

C企画書を作る(戦術を作る) →自分の強みを入れる
練った企画を企画書に落とし込んでいく作業。基本技術からテクニックまでを現在の案件を利用して議論しながら下案を作っていく。

Dプチプレゼンアドバイス
せっかく作った企画書もプレゼンの仕方によって大きく結果が左右します。確立を上げる演出や段取りを議論します。
 
· 当日お持ちいただくもの
@筆記用具
A現在プレゼン予定の案件
Bクライアントの資料
C自分の技術が分かる資料
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク