ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
不況に負けない、値引きしない、強い自立型クリエイターになる
「クリエイター生き残り術」セミナー
 
 
元来、不況になれば真っ先に予算を削られる、我々クリエイター業界・・・

「仕事、ギャラ激減」
「鬱病、失踪者、失業者急増」

昨年のサブプライム問題で受けた影響は、もはやシャレにならない深刻な状況です。
脅すつもりも不安を煽るつもりもないのですが、指をくわえて傍観しているだけなら、おそらくこの状況は益々悪くなるでしょう。

そこで皆さんに質問です。

「どうします?」
「次の一手をどう打ちます?」
「あきらめます?」

私は挑戦します!

この最悪の状況下、好きな仕事で、自分らしい独自のやり方で、お客様に喜んでいただきながら自分も楽しむビジネス環境を作って継続し続けることに挑戦します。

実際私は、38歳という中途半端な年齢で大阪から転勤で上京し、直後に金無し、コネ無し、仕事無し、家のローン有り、小さい子供二人有りの最悪な状況で独立し、強みを活かした独自のスタイルによってブランディングを確立し、念願の出版も果たして毎年売上げを上げているグラフィックデザイナーです。


著書/口ベタなあなたを救う しゃべる名刺http://kotodama-m.com/b

正直、過去にはこの仕事を辞めようと思ったことも何度かありました。

「何でこんなにきついのこの仕事・・・」
「仕事量の割にギャラ少ね〜」
「この仕事で何か社会の役に立ってるんかいな?」
「年寄りになったとき、どうしよう・・・」

いろいろ考えた時期もありましたが、それでも続けたのは単純にこの仕事が好きだからです。

でも「好き」だけでは食っていけません。

そこで今回は、この仕事が大好きなクリエイターの為に、私が実際に行ってきたこの最悪の状況下、好きな仕事で、自分らしい独自のやり方で、お客様に喜んでいただきながら自分も楽しむビジネス環境を作って継続し続ける方法を開示してしまいます。

誰かに何とかしてもらおうという、依存体質の方はご遠慮ください。
でも、理想に向けて自力で頑張ろうという方なら、私ができる範囲で全力で応援します。
前向きなクリエイターの同士の方、セミナー当日は人生のターニングポイントとなるような時間を共に過ごしましょう!

先ずはあなたの「セミナーに参加するという」行動をお待ちしております。
 
 
 
· タイトル
不況に負けない、値引きしない、強い自立型クリエイターになる
「クリエイター生き残り術」セミナー
 
· 講師
中野 貴史(ソウルプロダクツ代表 販促ツールプランナー/ビジネス名刺アドバイザー)
 
· 主催
株式会社クリーク・アンド・リバー社プロフェッショナルエデュケーションセンター
 
· 日付・時間
2010年4月22日(木)
 
· 参加料
2,500円(税込)
 
· 対象
なんとか現状打破したい、生き残るために新たな一歩を踏み出したいとお考えのグラフィックデザイナー、WEBデザイナー等、前向きなクリエイターの方
 
· 定員
30名
 
· プロフィール
【なかの たかし】
大阪市立工芸高校 図案科卒業
ビジネス名刺プランナー。広告や営業販促ツールのデザイナーとして、印刷会社やデザイン会社勤務を経て、大手機械メーカーの子会社へ。素人集団だったデザイン部を、マネジャーとして社内成長率No.1に育てる。そこで、デザイナーの身ながら、部内の専属営業を抜きトップの売上を上げる。
その後、上京し、「コネ無し、金無し、仕事無し」の状態で起業。家のローンと生まれたばかりの子供を抱えながらも、無収入のどん底状態での暗中模索の末、「しゃべる名刺」を発明し自身のビジネスを成功させる。マーケティング・心理学・コピーライティングの理論に裏打ちされた名刺は「自分らしさを出せ、ストレスなく、初対面を楽しめるようになった」と大好評を博す。
現在、名刺だけにどとまらず、営業販促などのコンサルティングを行い、クライアントのブランディングのサポートを行ない多くの人からの支持を得ている。
 
· ひとこと
独立同時の私は、理想と現実のギャップを目の当たりにして落ち込みました。来る日も来る日も遅くまで仕事。誰でもできる下請け仕事中心をやっていると、値引きはされるし、脅されるしで売上げも上がらない・・・こんな状態では顧客も自分も自分の家族も、誰も幸せになれないんじゃないか?と思い、思い切って仕事をゼロに戻し、収入が無い今日の中で、「どうしたら自分の個性を発揮できる仕事がもらえるんだろう?」「どうしたらお客様にも喜ばれ、自分自身楽しんで仕事ができるんだろう?」と悶々と考えて生みだしたのが、言霊マーケティングや言霊名刺という、超独自性の高いオリジナルの商品です。

クリエイターにとって生き残りの現実はかなり厳しいですが、考え方、ものの見方を変えて、自分の強みを活かした独自のスタイルで、ビジネス環境を劇的に変化させるチャンスは誰にでもあります。

皆様の人生のターニングポイントとなるようなお話しができれば幸いです。
 
· 注意事項
・開催1週間前に最低開催人数に達しない場合は、延期または中止とさせていただくことがございます。予めご了承下さい。
 
· カリキュラム
1/クリエイターには賞味期限がある
2/やってはいけない仕事の受け方
3/なぜ売上げが上がらないのか
4/お客様はデザインを買っているのではない
5/生き残るためにやるべきこと
6/独自のスタイルで活躍するクリエイター事例
 
· 過去参加者からの声
A.Iさま(グラフィックデザイン)
この一年の不況と、その対応などでなかなか好転しなかったため
現状を少し変えるきっかけとなればと思い、参加しました。
受講後、まずは気持ち的に前向きになってきました。
現時点でハッキリしないことも多いですが、何かきっかけとなればと思います。
同じような企画がありましたら またお話を聞いてみたいです。



K.Tさま(ネットプロモーション関連)
もう一段キャリアアップを考えているのですが、新しい発想を得たくて
参加しました。心理学をデザインに生かすということを、
実践している人のお話しが聞けて良かったです。



T.Oさま(プロダクトデザイン)
クリエイターとしての原点に帰る、又 クリエイターの今後どのように考えれば
良いか確認するために、セミナーに参加しました。
時代のせいにしてはいけませんが、不景気の為に仕事が減る、そんなタイミング
なのかなと思い、今自分のしている仕事は果たして今後につながるのか?
今のままではマズいのではなかろうか、そんな気持ちで受講しました。
やらされ仕事よりもやる仕事に変われば楽しくなるし、良い仕事ができる。
当たり前のことも当たり前に行う。今回学んだことはそういう事だと思いました。
目には見えない価値をつくりあげる仕事は自分のモチベーション次第ですので、
次回は、どうしてもモチベーションが下がってしまった時にどうするのか、
心理学的な内容になるかもしれませんが、そうした内容の講座を希望します。



T.Kさま(フリークリエイター) 
クリエイターの仕事の方向性を変えていきたいので、そのヒントを得るために
セミナーに参加しました。独自性を持っていくことで、自分らしさを出しながら
仕事が展開できることを目標にしていきたいと思います。
  


T.Kさま(Webデザイナー)
具体的な営業手段やツールの作り方。またはコネクションの作り方を学ぶために
参加しました。フリーとして仕事をするうえでの心構えがわかり、また、
まちがった認識を改めるきっかけになりました。



T.Aさま(Web制作)
フリーランスの人が、どのような事を考えているか現状を知りたかったので、
大変参考になりました。今後の時間の使い方や、注力する点がわかったので
大変良かったです。



大谷栄子さま(コピーライター) 
何かひとつでもいいお話が聞ければと思って参加しました。
期待以上に具体的でいいお話が聞けました。
自分自身についてもっと真剣に見つめ直そうと思いました。
これまではただ何となく、知り合いからの仕事をこなしている感じだったので、
これからはもっと積極的に仕事をとりにいこうと思います。



Y.Mさま(photographer) 
これから先の10年を考えた時に、10年先輩の今のお話が聞きたかった。
ご自身の体験談をもとに話されていたのがリアルで、自分のこれからに
ブラッシュアップできそうでした。



S.Yさま(Webデザイン)
フリーランスになって日が浅いので、本当にやっていけるのか考えていました。
なんとなく疑問だった事や、これでいいのかと思っていたことがわかった
気がします。何かのきっかけになりそうな気がします。



T.Hさま(カメラマン)
仕事がこの半年で急に少なくなってきたので参加しました。
自分の仕事に役に立つか、不安だったのですぐには申し込まなかった。
ぼんやりと思っていた事を明確な言葉にしてくれた事がよかったと思う。



S.Nさま(エディトリアル)
今後どのようにして他者と競わず、自分の強さを活かし(見付けて)
クリエイターとして生きていくかを考えていたところ、
セミナーの案内を読みグッと来るモノがありました。
基本的な仕事の段取りを自分で考えることの大切さが分かった気がします。
クライアントの言いなりで「プレゼンに参加して」「3案出して」
「ギャラは¥○○で」・・に従うばかりでは流されるばかりで何も残らない。
そのことを自覚しなければならない。出来ることを広げることも大切だが、
今の自分の中に眠る「資源」を探すことも大切。ぜひ取り組みたい。



M.Tさま(エディトリアルデザイナー)
生き残りのスキル。変化していくための方法と自分自身の振り返りに必要な
「もの」「こと」を学びに参加。知人に中野さんの名刺を見せてもらっていた
ので、一度お話をお聞きしたかった。
ヒントをもらいました。現状認識がクリアーになった。



M.Hさま(グラフィックデザイナー)
この不況の中、売り上げを伸ばしたいと考えているので参加しました。
自分を売り込むツールの作成からしていきたいと思います。
また「口べたなあなたを救うしゃべる名刺」を読みたいと考えております。
自分のできる点をつなげて線にする、自分に何ができるのかこれから見直して
いきたいと思います。



R.Tさま(3DCGデザイナー)
フリーランスに転向したばかりなので、多少畑違いかもと思いつつ 
営業の面で良い話が聞けたらと思い、参加しました。
講義して下さる方(中野さん)のプロフィールに興味を持ちました。
 今はたまたま仕事をもらえているという危機感と、仕事をくれている相手への
感謝の気持ちが改めて湧きました。
今後は自分が「何屋」としてやっていくのかより深く考えていきたいと思います。
フリーランスとしてまだ駆け出しですが、ためになったお話がたくさん
ありました。ありがとうございました!参加して良かったです。



K.Aさま(デザイナー)※DTP 9 : WEB 1
今の仕事を続けるか新しい仕事を始めるか考えているところで、今までの仕事の
やり方で失敗したことを、今後繰り返さないためにどうしたら良いかと考えていた
ところだったので、良いタイミングで出席できたと思っています。
仕事が少なくなってこれからどうしようかと思っているところだったので。
「やってはいけない仕事の受け方」が1番ためになりました。ほぼすべてやって
おります。
キャッシュポイントが少ないのもありますが、新規のお客様をキープできないと
いう欠点があり困っています。人間関係がヘタなのか..クライアントがアレコレ
言ってくるスピードと方向が変わるのを仕事をしながら、うまくさばけないので
疲れてしまい、デザイン力が落ちてしまいます。
次回は、新規のクライアントを逃さない方法!相手が何を望んでいるかを引き出す
方法!の講座を希望します。



K.Kさま
一昨年あたりから仕事が大幅に減り、定期的に収入源すら失う状況下で、
現状打開のヒントでも得られればと思い、参加させていただきました。
「生き残り」という言葉にひかれました。
もっと簡単にもっと素直に自分の方向を見つめる必要があると思いました。



山口武彦さま(映像編集)
いくら仕事をしても、お金はわずかしかもらえないし、一つ一つの仕事は大変で
常に追われているような感じで、しかも修正ー修正が続きいつ終わるのか
わからない。
好きで選んだ道なので、今我慢すればいつか良くなるだろうと思っていたのです
が、現状の打開策が分からず将来に不安を覚えています。
先々月まで大阪の映像制作会社で働いていたのですが、このような状況を
変えたくて東京に出てきました。
インターネットでこのセミナーを知った時(失礼な事ですが)中野さん過去と、
私の現在に類似点があると思い応募しました。日頃から自分がいけないと思って
いた仕事の仕方ではあるのですが、周囲に流されていた部分もありました。
そういった事を再認識させて頂きました。ギャラの話をするのが苦手でお金の事
はいつもテキトーで後回しになっていましたが、自分のためにもクライアントの
ためにもならないと分かりました。



M.Iさま(イラストレーター、Webデザイナー) 
不況で外注費をカットする会社が増え案件が減っているので、何か行動をおこす
為のきっかけになればと思い参加しました。
こういうストレートな内容のセミナーに参加した事はなかったのです。
クリエイターとして言うより、仕事をする人間としての部分が欠けていたと
自感しました。



H.Uさま(映像制作、演出、脚本、プロデューサー)
パーソナルブランディングの基本について、著者の内容をベースト、突破口となる
更なる一言をいただけたらなと思い参加しました。
中野さんについての情報収集(著者、Web情報等)をした所、共感できる要素が
多く参加を考えた。著者、Webから伝わってくる中野さんの想い(エネルギー)
を感じます。
著者をもう一度見直し、今日のセミナーと合わせて今後の方向性を考えて行きた
い。どんな境遇であれポジティブ&アクティブでいることの必要性も再認識する
ことが出来た。ご活躍を期待しています。



畠山草平(デザイナー)
最近会社を退社したので、会社を探すか起業するか考えています。
中野さんが、リアルな話をしてくれそうに感じましたので参加しました。
すごく予想外な話ではありませんでしたが、やはりそうなのかという確認と、
よい空気を感じられました。
いつか起業した際には意見交換できるようになれたらと思っています。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク