ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
大脳生理から知るコーチング技術
〜MBAプログラムより使える人心把握法〜
 
 
米国の有名ビジネススクールでのMBA(経営修士資格)取得で学ぶマーケティング理論や組織管理技術理論の実践法の多くは、社会心理学や行動心理学などを基に対処法を類型化することでより多くの人が理解しやすいように説かれています。しかし、講義時間の問題などから心理学や大脳生理学の基礎理解をジャンプさせてしまっているため、学んだことを実際のシーンで応用したり展開させられる人が極端に少ないのもまた事実です。有名ビジネススクールのMBA取得者は年間に何千人も出ますが、日産のカルロス・ゴーン氏のようなデシジョン力にまで昇華できる人は、ごく稀なのが実態なのです。
      
本講座では、有名ビジネススクールで教える人心把握法の中でも特に応用への需要が高い・・・・・
1)人間の挙動の意味と解釈(Method-1:行動心理の科学)
2)プレゼンテーション技術(Method-2:伝達技術の科学)
3)部下へのコーチング技術(Method-3:指導技術の科学)
というものに絞り、最終的にコーチング技術へと継げます。

部下や上司の言動がなかなか理解できない、人前で意見を述べたり説得するのが苦手、部下や外注先の指導に自信がない、という方や企業の管理職研修の理解を深めたい、MBAやPh.D.は既に取得してはいるが、管理スキルやプレゼンスキルとしての人心把握法について応用する自信がない、という方にも最適です。

講義はオリジナルテキストを使用し、学習と実習を効果的に組み合わせる密度の濃い集中型です。ビジネススクールで学ぶような膨大な類型化されたケースを丸暗記する学習スタイルではなく、大脳生理学と社会心理学の基礎を理解・応用しやすいように工夫した数個のカンタンなメソッドに集約してダレもがドコでも「機転で応用できる技術」を身に付けることができます。
 
 
 
· タイトル
大脳生理から知るコーチング技術
 
· 講師
伊藤 康倖(アートディレクター/プランナー)
 
· 主催
株式会社クリーク・アンド・リバー社プロフェッショナルエデュケーションセンター
 
· 日付・時間
2005年6月18日(土)・25日(土)
 
· 参加料
受講料(税込):28,000円(エントリー価格)/40,000円(一般価格)/別途、資料代(税込):3,000円/7月30日・8月6日のセミナーと同時申し込みの場合(税込)50,000円(エントリー価格)/(税込)72,000円(一般価格)/別途、資料代:(税込)6,000円
 
· 対象
プロデューサー、ディレクター、社内の人事担当者、営業職の方、フリーランスの方々など、仕事において対人スキルを磨きたい方
 
· 定員
20名
 
· プロフィール
■・東京芸大卒/筑波大学研究科
 ・電通映画社、たき工房(取締役)、ミノルタ(MDS-取締役)を経て現在、フリー。
 ・ニューヨークADC国際会員
■現在の主な業務
 ・企業のブランディング支援を目的としたブランディング・ディレクション
 ・Graphic/Web全体をとおしてのクリエィティブ・ディレション、アート・ディレション
 ・企業の広報宣伝部門や経営企画部門に対する広告学とコミュニケーション学の指導/講議
■受賞歴
 ・朝日広告賞/毎日広告賞/日経広告賞をはじめ国内外での受賞多数
 
· 関連サイト
 
· 備考
※各部ともに、詳細な資料をご準備しております。参加料とは別に資料代として3,000円(税込)をいただきます。

※7月30日・8月6日のセミナーとまとめて申し込まれると、お得な割引価格が適用されます。ぜひこの機会にお申し込みください。

【このセミナーのみ受講の場合】
参加料(税込):
28,000円(C&Rエントリースタッフ価格)
40,000円(一般価格)
別途、資料代:3,000円(税込)

【7月30日・8月6日のセミナーとまとめて受講の場合】
参加料(税込):
50,000円(C&Rエントリースタッフ価格)
72,000円(一般価格)
別途、資料代:6,000円(税込)
 
· 注意事項
・開催1週間前に最低開催人数に達しない場合は、延期または中止とさせていただくことがございます。予めご了承下さい。
 
· カリキュラム
1:経験と知識の原則=自己確立のために自らが無意識に捏造することの本質を理解します。

2:大脳の認知構造=人間が物事を理解する時の構造を理解します。

3:意志伝達の技術=表現力とは何か?ということを論理的に理解します。

4:究極行動の原則=追い詰められた時にとる人間の行動予測を学習します。

5:エマージェンシーケース実験=様々な問題をグループ討議で学ぶ演習。

6:心理効果実験=褒めることの効果等を学ぶ演習。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク