ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
理論・法則をもとにした科学的コミュニケーション講座
第2部「Goodクライアント養成プログラム」
 
 
性能は良いのだが、デザインがいまひとつなのがどこか心配だ。企画書の主旨は分かるが、説明方法や言葉に魅力がなくてどうも納得できない。といったように、高度情報時代に生きる私たちは、毎日の生活の中で会得した「情報価値の審査眼」を自然と活用して、物事を認識し、判断しています。しかし、デザインやドキュメントを見る審査眼はあると思っている方たちでも、いざ自分で作る、説明するとなると自信がないというのが現実ではないでしょうか。

この講座では、第1部はデザイン・レイアウト、第2部は評価・社内調整・発注、第3部は企画書・プレゼンをおもなテーマとして取り上げながら、あらゆる業務で必要となるコミュニケーション能力の向上、業務の効率化をはかる科学的な方法を提案します。
講座の特徴としては、大脳生理学や遺伝子学をもとにして、
・人が感動する時の原則
・人が理解する時の原則
・人が記憶する時の原則
ということを誰にでも分りやすく説くだけではなく、その具体的な活用方法を、実務に応用しやすいようにメソッド化していることです。

第2部では、企業の広報宣伝担当者などおもに発注側の視点から、必要とされる情報の整理と伝達の方法論、デザインワークの評価方法や社内調整のポイントなど、総合的な評価、指示の方法が学べます。仕様書作成と変更指示の課題演習も行います。

各部単独でもご受講いただけますが、2部以上まとめてご受講されると割引価格になりますので、ぜひ合わせてご受講ください。なお、価格の詳細につきましては備考をご覧ください。
 
 
 
· タイトル
理論・法則をもとにした科学的コミュニケーション講座
第2部「Goodクライアント養成プログラム」
 
· 講師
伊藤 康倖(アートディレクター/プランナー)
 
· 主催
株式会社クリーク・アンド・リバー社プロフェッショナルエデュケーションセンター
 
· 日付・時間
2004年10月18日(月)19:00〜20:30・10月22日(金)19:00〜21:00・10月25日(月)19:00〜21:30(全3日・6H)
 
· 参加料
C&Rエントリースタッフ価格:22,000円(税込)/一般価格:32,000円(税込)/それぞれ別途資料代:3,000円(税込) ※セットで受講すると割引になります。詳細は備考をご覧ください。
 
· 対象
企業の広報宣伝担当者/発注に関わる方/コミュニケーション効率向上を目指す方/コミュニケーションに関する科学的な理解を深めたい方
 
· 定員
20名
 
· プロフィール
■略歴
 ・東京芸大卒/筑波大学研究科
 ・電通映画社、たき工房(取締役)、ミノルタ(MDS-取締役)を経て現在、フリー。
 ・ニューヨークADC国際正会員
■現在の主な業務
 ・企業のブランディング支援を目的としたブランディング・ディレクション
 ・Graphic/Web全体をとおしてのクリエィティブ・ディレション、アート・ディレション
 ・企業の広報宣伝部門や経営企画部門に対する広告学とコミュニケーション学の指導/講議
■受賞歴
 ・朝日広告賞/毎日広告賞/日経広告賞をはじめ国内外での受賞多数
 
· 関連サイト
 
· 備考
※各部ともに、詳細な資料をご準備しております。参加料とは別に資料代として3,000円(税込)をいただきます。

※2部以上まとめて申し込まれると割引価格が適用されます。ぜひこの機会にまとめてお申し込みください。

【1部のみ受講の場合】
参加料(税込):
22,000円(C&Rエントリースタッフ価格)
32,000円(一般価格)
それぞれ別途資料代:3,000円(税込)

【2部(組み合わせは自由です)受講の場合】
参加料(税込):
42,000円(C&Rエントリースタッフ価格)
60,000円(一般価格)
それぞれ別途資料代:6,000円(税込)

【全通しの場合】
参加料(税込):
60,000円(C&Rエントリースタッフ価格)
84,000円(一般価格)
それぞれ別途資料代:9,000円(税込)
 
· 注意事項
・開催1週間前に最低開催人数に達しない場合は、延期または中止とさせていただくことがございます。予めご了承下さい。

・5月に開催された科学的デザイン講座第2部に参加した方は内容が重複します。予めご了承ください。
 
· カリキュラム
1日目
大脳生理を使ったグッドデザインの効果
 ・感性工学の原理
 ・デザインの効果
大脳生理を使った発注システム構築方法
 ・情報整理法
 ・情報伝達法

2日目
大脳生理を使ったアイディア評価作法
 ・評価方法の原理
 ・意見調整の原理
実習課題説明
 ・課題

3日目
課題発表と評価
 ・評価
 ・問題点の解決指導
 ・オリエン作法指導
 
· 過去の参加者の感想より
・評価基準の考え方とかは大変勉強になったし、普段仕事でやっているのと違う話で情報の切り分け訓練はいいトレーニングになった。
・普段と違う切り口で考える機会をもてました。ありがとうございました。
・想像力は重要という点には、大きくうなずきました。
・レベルが高くてついていくのが大変でもあり、面白くも感じています。
・自分にとって最高の成果になると思いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク