ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
橋口亮輔監督流映画創作の秘訣
「二十才の微熱」「渚のシンドバッド」そして「ハッシュ!」に至るまで
 
 
高校時代から8ミリを撮り始めた橋口監督は、「夕べの秘密」でPFFアワードグランプリを受賞。初の劇場映画「二十才の微熱」は、大きな話題を呼んだ。つづいて監督した長編2作目「渚のシンドバッド」も高い評価とともに反響もよく毎日映画コンクール脚本賞をはじめ、ロッテルダム映画祭グランプリを受賞した。他に小説、エッセイ、戯曲、ドラマなどにも挑戦し、若者の圧倒的な支持を得ている。今回は新作映画「ハッシュ!」を中心にお話を伺います。ご期待ください。
 
 
 
 
· 感想
 
・映画に真摯に取り組んでおられる方だということが話を聞いて実感できた。誠実な人柄にとても好感を覚えた。また監督が色々なエピソードを話してくれていたのがとても面白かった。(男 32歳)

・ハッシュをさらに見に行こうと思いました。面白かったです。(男 22歳 学生)

・実はPFFの講演会にも参加させていただき、その際生き方としてモノの作り手としてのお話に非常に刺激を受け、今日もきました。雑誌の編集の仕事をしているので、また全然ジャンルが違うんでしょうが、何かを作るという意味で共通項も多いと感じています。結局自分の生き方が作るものに全面的に反映されてしまうということ、だからこそモノを作るときにあれこれ理由をつけてごまかすことが自分自身にとっても大きなマイナスだということ、プロ意識を持って作るということ。いやあ、今日もまた改めて刺激になりました。はやくハッシュ!みたいです。次回作も期待しております。(男 30歳 会社員)

・こんなに楽しいとは思いもしませんでした。生で質問を聞ける素晴らしい機会に感謝いたします。(女 20歳 学生)

・橋口監督にお目にかかれただけで満足でした。片岡さんが「現場で監督は大人気だった」というのも納得です。(女 22歳 学生)
 
 
 
· タイトル
第83弾 橋口亮輔監督流映画創作の秘訣
 
· 講師
橋口 亮輔(映画監督)
 
· 日付・時間
2002年03月14日
 
· 参加料
1,800
 
· プロフィール
1962年長崎県生まれ。高校時代から8ミリ映画を撮り始める。89年、8ミリ映画「夕べの秘密」でPFFアワードグランプリを受賞。92年、初の劇場公開作品「二十才の微熱」は劇場の記録を塗り替える大ヒットを記録した。ベルリン国際映画祭など25カ国の映画祭にも正式招待され、高い評価を得ている。95年、「渚のシンドバッド」ではさらに大きな共感を呼び大ヒット。ロッテルダム映画祭、ダンケルク映画祭ほかでグランプリに輝き、国内でも数々の賞を獲得した。最新作「ハッシュ!」は、渋谷シネクイントにて今春公開予定。カンヌ国際映画祭監督週間に正式招待となった本作はフランス他世界各地で公開がぞくぞく決定している。
 
· 関連サイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク