ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
新生MTV・PICSのクリエイティブ戦略
意表をついた視点やスリリングな感覚でCM広告に新鮮な風穴を開ける!
 
 
1992年MTV JAPANオンエアプロモーションとしてスタートした、日本の放送局には存在しないユニークなオリジナルコンテンツを制作するクリエイティブセクション・PICS。
放送全体の個性や独特なメッセージを、傲慢に、奔放に、皮肉に、挑戦的に、クレージーに、見る者全身の感覚に訴え、過激なスタイルで映像表現。変幻自在に形を変えるPICSを引っ張る寺井さんに、今後のPICSのクリエイティブビジョンを語っていただきます。
 
 
 
 
· 感想
 
・映像が途中で切れたのが残念だったが、映像の先端部分のような作品が見れて面白かった。(男 22歳)

・インタラクティブ技術の提供によって、リアルタイムのオンライン流通の環境が広がりつつある今、制作への意欲の大きさ、深さを感じた。常にトレンドの逆をいく姿勢が勉強になった。(男 24歳 無職)

・音楽に合わせて映像を作るのは難しそうだが、インパクトがあり面白そうだった。(男 22歳 学生)

・MTVの独創性、多方面へ向かう考えに驚いた。音楽は人間にとって必要なものだから、様々な形があるのは当たり前だと思う。(男 21歳 学生)

・一人で映像は作れるが、それに対しての責任を忘れてはいけないと思った。(男 20歳 学生)

・期待していたものと少し違ったが、逆に思っていたことと違うもので良い作品を見れてよかった。MTVのロック的な精神にすごく共感できる。(男 24歳 AD)

・丁寧で分かりやすかった。(男 21歳 学生)

・話と映像ともに感動したが、もう少し広い意味での映像についての話を聞きたかった。(男 25歳)

・映像の楽しさが伝わってきて、インパクトがあれば面白さが伝わる事を知った。(男 24歳)

・ジャンルにこだわらない様々な映像が見れて勉強になった。(男 21歳 無職)

・普段は見れないMTVの映像が見れて勉強になった。映像に対する発想や考え方の話が聞けて参考になった。(男 22歳)

・MTVというクリエイティブ性が高く、また比較的自由に表現できるフィールドでの映像作品をみることができ非常に勉強になりました(男 23歳 AD)

・大変たのしかったです。期待以上のものでした。今回をとおして、今まで以上にMTVが好きになりました。(女 20歳)

・ミュージックビデオのコンクールで受賞するような作品は、他の作品と根本的にどこが違うのか(男 23歳 無職)

・なかなか観る事ができない映像をみさせてもらい、これからの自分の目標にむけ、とてもいい経験になりました。(男 20歳)

・面白い映像がたくさんあり自分もああいった感じで作ってみたいと思いました(男 29歳 イラストレーター)

・普段見る機会のないMTVのおもしろい映像がみれておもしろかった(女 21歳 学生)

・MTVはミュージックビデオを流していることしかしりませんでしたが面白い映像をつくっていることを知ってMTVの見方がわかりました。映像にも注意してこれからは見ようと思います(女 22歳) 

・みていて、自分も興味もつ作品あがったので、よかったと思う。機会があればつくってみたいと思う(男 20歳)

・作品を多く観たい(女 23歳 フリーター)

・MTVはあまり目にする機会がなかったか、映画用にまとめたビデオを見たことがあったので興味があった。当時はTOHが邪魔に感じたが今後は見方がかわるか?(男 25歳)

・寺井さんがいそがしくてお時間がとれなかったことと思いますがもう少しディスカッションの割合をふやしていただければよかったと思います(男 24歳)

・自分の映像に対しての発想にいい刺激になった(男 22歳)

・映画とは違った映像表現の自由さに驚かされいい刺激になりました。何らかの形で映画製作にいかしていきたいと思います(男 37歳 助監督)
 
 
 
· タイトル
第41弾 新生MTV・PICSのクリエイティブ戦略
 
· 講師
寺井 弘典(MTV JAPAN オンエアープロモーション・クリエイティブディレクター)
 
· 日付・時間
2001年03月22日
 
· プロフィール
1961年2月12日鹿児島県生まれ。1985年多摩美術大学卒業。 20代はビデオ・アート作品、ミュージックビデオなどをディレクション。 30代はMTVJAPANオンエアープロモーションディレクターとして多数の映像作品をディレクション、プロデュース。第6回広島国際アニメーションフェスティバル優秀賞、SIIGRAPH97入選、文化庁メディア芸術祭優秀賞。MOMA(ニューヨーク現代美術館)に作品が永久保存されている。92年からMTVジャパンのオンエアー・プロモーション・ディレクター。99年からは、VIBE PICSクリエイティブディレクターに。毎年STATION-ID CONTESTをプロデュースしている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク