ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
仙頭映画は世界を駆け巡る!
映画マーケットを拡大する方法論とは?最新作「五条霊戦記」は日本発世界へ
 
 
日本映画界に風穴をあけたJ・MOVIE・WARS。
「萌の朱雀」「EUREKA」を始め、製作する映画がカンヌを始め世界の映画祭で大ブレイク。
大ヒット作「リング」「らせん」のプロデュースと映画界の常識を次々と打ち破ってきた仙頭プロデューサー。
鉄鋼会社の元営業マンとしての経験が,新しい映画ビジネスを大胆に切り開く。
 
 
 
· タイトル
第28弾 仙頭映画は世界を駆け巡る!
 
· 講師
仙頭 武則(サンセントシネマワークス(株)代表、映画プロデューサー )
 
· 日付・時間
2000年11月02日(木)18:30〜20:30
 
· プロフィール
【略歴】
1961年10月15日神奈川県横浜市生 血液型:A
関西大学商学部卒。
高校、大学と自主映画製作に没頭。
鉄鋼メーカー勤務を経て、1990年日本衛星放送(WOWOW)に転職。のち営業から編成に配属され、プロデューサーに。のち映画部担当課長。
92年日本人監督5人が一話10分の短編映画を競作、テレビで放映するというユニークな番組「J・MOVIE・WARS」を企画。
97年プロデュースした「萌の朱雀」がカンヌ国際映画祭新人監督賞(カメラドール賞)を受賞。同年同映画の監督、河瀬直美と結婚(12年離婚)。
97年テレビ「ヒロインたちの反乱」でギャラクシー賞選奨を受賞。
98年WOWOWの社内ベンチャー企業・サンセントシネマワークス社長に就任。
同年ヒット作「リング」「らせん」を共同プロデュース。
98年、「豚の報い」ロカルノ映画祭国際シネクラブ連盟賞、同年「M/OTHER」カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞、00年「EUREKA」カンヌ国際映画祭国際批評家連盟賞、同年「独立少年合唱団」ベルリン映画祭新人監督賞を受賞。
著書に「ムービーウォーズ」などがある。

【主なプロデュース作品】
「BeRlin」「女優霊」「Helpless」「林檎のうさぎ」「いさなのうみ」「萌の朱雀」「2/デュオ」「アートフル・ドヂャース」「リング」「らせん」「楽園」「タイムレスメロディ」「死国」(脚本のみ)「豚の報い」「M/OTHER」「EUREKA」「五条霊戦記」「独立少年合唱団」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク