ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
撮影監督ってなんだ?日本映画・CFの今
『ラヂオの時間』『クロスファイア』『ナビィの恋』に触れながら
 
 
最新話題作・問題作の撮影監督として大活躍。

現在もインドネシア独立に関わった 日本人の話『ムルディカ』(藤由紀夫監督)に取り組んでいる。 監督の女房役もさることながら現場を仕切る要(ポジショニング)の重要性や監督の素顔、 最新作『ムルディカ』等を語っていただきます。
 
 
 
· タイトル
第26弾 撮影監督ってなんだ?日本映画・CFの今
 
· 講師
高間 賢治(撮影監督)
 
· 日付・時間
2000年10月19日(木) 18:00〜20:30
 
· プロフィール
日本映画撮影監督協会理事。
1971年東京都立大学経済学部卒。在学中より若松プロにて撮影助手を始める。
75年CFキャメラマンとして独立。
81年文化庁芸術家在外研修制度により渡米。現在フリー。
78年『月山』、79年『さよならの日々』、86年『ビリィ・ザ・キッドの新しい夜明け』、87年『山田村ワルツ』、91年『12人の優しい日本人』、95年『君を忘れない』、98年『ラジオの時間』、その他記録映画・CF多数。
『マスターズ・オブ・ライト』共訳。『撮影監』ってなんだ?』執筆。
芸術祭記録映画優秀賞、オルレアン映画祭金賞、横浜映画祭・おおさか映画祭撮影賞をはじめ受賞作多数。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク