ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
「思い」を伝える映像コミュニケーション
「デジタル・ストーリーテリング」のワークショップ
 
 
人と人、組織と組織のコミュニケーションで難しいのは、情報を伝えるだけではなく、「相手の心を動かす」「共感してもらう」ことを目指すときです。
情報を相手に伝える際、パワーポイント資料や冊子など様々なツールを使われているかと思いますが、限界を感じていませんか?

この講座では、海外で普及が始まる新しいビデオ制作ワークショップ「デジタル・ストーリーテリング」(DST)を学びます。一般の市民や企業、NPOのスタッフ、教員など、これまでビデオ制作をすることのなかった人たちに対して、手軽で効果的な映像コミュニケーションを可能にする手法です。

ワークショップでは、対話を行いながら物語(台本)をつくり、自分の声で録音します。それから、手持ちの写真やビデオをナレーションに合わせて編集し、音楽を入れたら完成です。
あなたの作るミニビデオは、あなた自身の声と映像、音楽で表現され、相手の心に響く作品となります。

使用ソフトはマイクロソフトの「ムービーメーカー」(無償ソフト)。PCとデジタル写真やビデオさえあれば、簡単にビデオを作ることができます。ビデオカメラ操作や撮影法などを知らなくても、誰でも可能に映像制作ができます。

DSTは、市民のCGM、企業やNPOの広報・マーケッティングツール、プレゼン資料や啓発・教材の資料、キャリア・カウンセリングなど、様々な領域で応用が可能です。

DSTをどのように応用するかを決めるのはあなた自身です。
新しい映像世界を体験してみませんか?
 
 
 
· タイトル
「思い」を伝える映像コミュニケーション
「デジタル・ストーリーテリング」のワークショップ
 
· 講師
小澤真人((有)ラーニングビジョン代表)
 
· 主催
株式会社クリーク・アンド・リバー社プロフェッショナルエデュケーションセンター
 
· 参加料
10500円(税込)
 
· 対象
Webなどデザイン系クリエーター(映像制作の基本講座)/企業のコミュニケーション担当者/NPOのコミュニケーション担当者/教員、ソーシャルワーカー、カウンセラー/映像制作に関心のある方
 
· 定員
10名
 
· プロフィール
【オザワ マコト】
1962年生まれ (有)ラーニングビジョン代表
NHKでドキュメンタリー番組の制作を担当。独立後は番組制作の傍らで、コンテンツ、情報通信分野の調査や執筆を行う。現在はNPO、市民向けの映像ワークショップも手がける。著作「日本株式会社の昭和史」「赤紙」「図解でわかるコンテンツビジネス」など。
 
· ひとこと
誰でも手軽に映像コンテンツを制作できる環境を作り、インターネットやモバイルを活用した双方向型映像コミュニケーションの新しい世界を生み出したいと考えています。そのための基本を学ぶ入門編です。これまでの映像制作講座とは少し内容が異なると思います。参加された方が学んだ成果を、様々な領域で自由に利活用していただけることを希望します
 
· 関連サイト
 
· 注意事項
開催1週間前に最低開催人数に達しない場合は、延期または中止とさせていただくことがございます。予めご了承下さい。
 
· 各自用意いただくもの
・普段お使いのノートPC
・映像制作に使用するための写真(デジタルデータ)やビデオ映像(デジタルデータ)
※映像や、画像をあらかじめご自身のノートPCに移しておいてください。または、データを写すためのケーブルはご持参ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク