ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
「ハイビジョン制作の実際」
〜Final Cut Studioを最大限に活用する〜
 
 
高画質なHDV1080i方式を採用し、世界中のクリエイターの注目の的となっているプロ用HDVカムコーダー「HVR-Z1J」。7月にはHDV1080i方式の民生用カムコーダー「HDR-HC1」も発売され、HDVカメラが安価に市場に出始めたことで、個人でも、商業用ハイエンド映像に遜色ない画質のコンテンツが創れるようになりました。
そして、一連の編集作業を1つのパッケージアプリケーションで対応できる「Final Cut Studio」。今までは、高額で高性能のPCでしかできなかったポストプロダクションワークが、家庭用のPCでもできるようになりました。
このように、現在、撮影、編集に関わる機材やアプリケーションが、個人でも購入可能な価格で発売され始めています。一連の作業を一人で行うことをも可能にしたこの環境は、業種・職種を越え、クリエイターのイマジネーションをより自由にし、その活動を無限に広げていく可能性を秘めています。この激変する映像業界で活躍するには、今後、ますます、一連のワークフローを捉えることが重要になってくるでしょう。

今回のセミナーではHDV素材をとりまぜた、ハイビジョンでのコンテンツ制作について、Garry Bassin氏にお話いただきます。

国内外の映像制作の第一線として活躍するGarry Bassin氏は、ワコールCF『KIME-BRA』、自由党イメージCF『殴られる小沢氏』、山口智子主演ドキュメンタリー『Letters』など、これまでにFinal Cut Proを活用した数多くのCF映像やイベント映像を制作しています。今回は特に、ハイビジョンでのCFコンテンツ制作にスポットを当て、同氏が実際に手がけたCF映像を交えつつ、Final Cut Proによる編集テクニックや、ハイビジョンコンテンツならではの制作のポイントについて解説していただきます。

多様化する映像業界での現状・技術の最新情報を入手するよい機会ですので、ぜひご参加ください。また、このような業界の動向を受け、PECではハイビジョン映像作品のコンテストであるHDV Creator's Contest 2005http://www.crv.ne.jp/expression/hdv/index.cfmを現在開催しております。皆様のご応募をお待ちしております。
 
 
 
· タイトル
「ハイビジョン制作の実際」
〜Final Cut Studioを最大限に活用する〜
 
· 講師
Garry Bassin【ギャリー・バッサン】氏 (ツインプラネットコミュニケーションズ)http://www.twinplanet.com/
 
· 主催
株式会社クリーク・アンド・リバー社プロフェッショナルエデュケーションセンター
アップルコンピュータ株式会社
ソニーマーケティング株式会社
 
· 日付・時間
2005年10月1日
 
· 参加料
無料
 
· 対象
映像・Webのプロデューサー、ディレクター、クリエイターなど映像編集に興味のある方
 
· 定員
120名(要予約)
 
· プロフィール
Garry Bassin 氏(映像ディレクター/プロデューサー)
1979年来日
1987年フリーランスのCMディレクターとして独立。
1990年ツインプラネットコミュニケーションズ設立。
過去の作品
CF 
 ジョンソンアンドジョンソン、日本航空、森永乳業、 西武グループ、資生堂、ワコー ル、スクラッチ他多数
イベント映像 
 愛・地球博用大型スクリーン向けイベント映像、
スペイン音楽会用イベント映像
ドキュメンタリー映像作品 
 「Letters」(スカイパーフェクTV、山口智子出演)
 
· 関連サイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク