ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
激変の映像業界で活躍するために 
〜HDV時代の最新映像ワークフローを学ぶ〜

 
 
高画質なHDV1080i方式を採用し、世界中のクリエイターの注目の的となっているプロ用HDVカムコーダー「HVR-Z1J」。7月にはHDV1080i方式の民生用カムコーダー「HDR-HC1」も発売され、HDVカメラが安価に市場に出始めたことで、個人でも、商業用ハイエンド映像に遜色ない画質のコンテンツが創れるようになりました。そして、一連の編集作業を1つのパッケージアプリケーションで対応できる「Final Cut Studio」。今までは、高額で高性能のPCでしかできなかったポスプロワークが、家庭用のPCでもできるようになりました。このように、現在、撮影、編集に関わる機材やアプリケーションが、個人でも購入可能な価格で発売され始めています。
一連の作業を一人で行うことをも可能にしたこの環境は、業種・職種を越え、クリエイターのイマジネーションをより自由にし、その活動を無限に広げていく可能性を秘めています。
この激変する映像業界で活躍するには、今後、ますます、一連のワークフローを捉えることが重要になってくるでしょう。

今回のセミナーではHDV撮影技法についてと、ノンリニアでのハイビジョン編集を取り上げます。

第1部ではソニーマーケティング株式会社・山本寛太氏を迎えて、プロ用HDVカムコーダー「HVR-Z1J」を例に、ハイビジョンカメラの機能の活用方法を紹介します。高機能カメラをフルに使いこなすことでよりご自身のイメージを具体化することができるでしょう。

また、第2部ではアップルコンピュータ株式会社・エリック ハミルトン氏を迎えて、個人でも購入可能な価格で発売され、ハイビジョンの編集が可能な事例として今年のNABでも注目を集め、日本では6/10に発売になったFinal Cut Studioを例に、最新デジタル編集ワークフローについてお話いただきます 。

多様化する映像業界での現状・技術の最新情報を入手するよい機会ですので、ぜひご参加ください。
また、このような業界の動向を受け、PECではハイビジョン映像作品のコンテストであるHDV Creator’s Contest(http://www.crv.ne.jp/expression/hdv/index.cfm)を現在開催しております。
皆様のご応募をお待ちしております。
 
 
 
· タイトル
激変の映像業界で活躍するために 
〜HDV時代の最新映像ワークフローを学ぶ〜

 
· 講師
山本 寛太(ソニーマーケティング株式会社)/エリック ハミルトン(アップルコンピュータ株式会社)
 
· 主催
株式会社クリーク・アンド・リバー社プロフェッショナルエデュケーションセンター
アップルコンピュータ株式会社
ソニーマーケティング株式会社

【協力】
コンピュータ総合学園HAL
 
· 日付・時間
2005年9月24日
 
· 参加料
無料
 
· 対象
映像・Webのプロデューサー、ディレクター、クリエイターなど映像編集に興味のある方
 
· 定員
200名(要予約)
 
· プロフィール
●プロフィール
山本寛太(ソニーマーケティング(株) コンテンツクリエイションプロダクツマーケティング担当)
1999年ソニーマーケティング株式会社入社。放送用・業務用映像機器の国内営業を経験した後、2002年より、放送用ビデオサーバーやVTRのマーケティングを担当。その後、新カテゴリー商品の立ち上げも担当し、2004年より業務用HDV機器のマーケティング活動に従事。

 
· 関連サイト
 
· カリキュラム
●第1部[カリキュラム] (予定)
HVR-Z1Jのクリエイティブ機能を、実演解説。
HVR-Z1Jの持つ多彩な機能を解説します。
撮影の段階でクリエイティブな表現が実現します。
・「ショットトランジション」でインパクトのある画を撮る。
・「カラーコレクション」で色を操る。
・「シネマトーンガンマ&シネフレーム」で映画のような雰囲気を作る。
など

●第2部[カリキュラム](予定)
・NAB2005に見る制作業界トレンド
・データから見えてくること − 映像制作の現状と未来
・EditingからProductionへ。Final Cut Studioを例に
・映像制作の最新トータルワークフロー
など
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク