ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
クリエイターのためのアップルFinal Cut Studio有効活用セミナー
〜激変の映像業界で活躍するために〜
 
 
今年のNABでも注目を集めたFinal Cut Studio。
日本では6/10に発売になったばかりです。

個人でも購入が可能な価格で発売されたFinal Cut Studioでは、DV、SD、HDそしてフィルムの編集を行なうためのFinal Cut Proの新バージョン(FCP5)、オーディオ編集とサウンドデザインのための「Soundtrack Pro」、リアルタイムモーショングラフィックスアプリケーション「Motion 2」、最新のHD DVD規格に準拠したDVDオーサリングソフトウェア「DVD Studio Pro 4」の4つのソフトウェアがパッケージされています。

もはやHD対応は当たり前、映画、DV、ネイティブHDVまで、あらゆるフォーマットをマルチカメラで同時に再生しながらリアルタイムで編集、サウンドデザイン、モーショングラフィックス、DVDオーサリングまでの編集工程を1つのアプリケーションで対応できるようになりました。

また、ドラマ、スポーツなどのTV番組制作から、DVD制作、さらにはWeb上での映像編集まで、その用途も幅広く対応が可能になり、一連の作業を個人で行なうことも可能になったというこの環境は、業種・職種を越え、クリエイターのイマジネーションをより自由にし、その活動を無限に広げていく可能性を秘めています。
激変する映像業界で活躍するには、今後、どんな知識や技術を身につけていけばよいのでしょう。
今回のセミナーでは、多様化する映像業界での映像編集の現状・技術の最新情報を入手するよい機会ですので、ぜひご参加ください。
 
 
 
· タイトル
クリエイターのためのアップルFinal Cut Studio有効活用セミナー
 
· 講師
安齋尊顕(アップル プロダクトマーケティングプロアプリ 担当課長)
 
· 主催
株式会社クリーク・アンド・リバー社プロフェッショナルエデュケーションセンター
アップルコンピュータ株式会社
 
· 日付・時間
2005年06月19日(日)
 
· 参加料
無料
 
· 対象
映像・Webのプロデューサー、ディレクター、クリエイターなど映像編集に興味のある方
 
· 定員
100名(要予約)
 
· プロフィール
1994年ソニー株式会社入社。当時黎明期であったパソコンベースのビデオ編集システム等を扱った国内営業時代を経て、ノンリニア編集システムの商品企画を担当。2002年英国に赴任。ソニーヨーロッパにてマーケティングを担当。国内外問わず数多くの放送局、プロダクションの映像制作に精通。現職はFinal Cut Studioプロダクトマーケティングプロアプリ担当。
 
· 関連サイト
 
· カリキュラム
・NAB2005に見る制作業界トレンド
・データから見えてくること − 映像制作の現状と未来
・EditingからProductionへ。Final Cut Studio
・映像制作の最新トータルワークフロー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク