ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
<編集長シリーズ> Vol.12
『コンポジット』『インビテーション』編集長 菅付雅信氏が語る
雑誌編集のグローバル・スタンダード
 
 
編集長シリーズVol.12は、『コンポジット』『インビテーション』菅付雅信氏。
世界の雑誌編集者はいかにして、編集を行っているのか。

主に、ファッション、スタイル、カルチャー系の雑誌を中心に、海外の編集現場を実際に見聞しているひとりである菅付雅信編集長に、グローバル化が進む雑誌編集業界の実情と、そこで求められているクリエイターの資質などについて、お話しをいただきます。

多くのクリエイターに触れ、セッションしている編集長から、雑誌編集というフィールドを越えて、触発される部分が多分にあるであろうこの機会に、是非ご参加ください。
 
 
 
· タイトル
<編集長シリーズ> Vol.12
『コンポジット』『インビテーション』編集長 菅付雅信氏が語る
 
· 講師
菅付雅信(『コンポジット』『インビテーション』編集長)
 
· 主催
C&R社 プロフェッショナルエデュケーションセンター
 
· 日付・時間
2003年2月5日
 
· 参加料
2,000円(税込)
 
· 定員
70名(先着順・要予約)
 
· プロフィール
1964年生まれ。法政大学経済学部中退。「月刊カドカワ」「ロックンロール・ニューズメーカー」「カット」「エスクァイア日本版」に編集部を経て、1991年に報雅堂設立。1992年に「コンポジット」創刊。1997年に隔月体制で再創刊し現在に至る。また数々の単行本の編集、ファッション・カタログ、レコード・ジャケットの制作を手掛ける。「コンポジット」とマーク・ボスウィック写真集「シンセティック・ヴォイジズ」でNYADC賞受賞。
『composite』は93年度と98年度のNYADC賞を受賞。海外にもディストリビューションされ、高い評価を得ている。
 
· 関連サイト
 
· インビテーション概要
「Invitation」は、カルチャー(映画・音楽・アート・演劇・ファッション等)と食の領域において、ジャーナリスティックな切り口と取材力に基づく良質なテキストと、ファッショナブルでハイグレードな写真をふんだんに取り入れ、目の肥えた知的大人層読者を満足させる、新しくもこれからのスタンダードとなる雑誌を目指します。
特徴としては、健全な中立性と批判精神に則り、ひとつひとつの記事を深く掘り下げ、濃く煮詰め、 筆力のある第一線の執筆陣によって、“人”の行動における内面や歴史を重視する「カルチャーのジャーナリズム」。
ファッション性の高いポートレートを撮り、内外の写真家やビジュアル・コントリビューターを第一線のクリエイターで固める「ハイクオリティー・ビジュアル・マガジン」であること。
また、批評性を最大限に示し、成熟した知的読者の批評マインドを満足させる誌面を目指す「良質な批評性」を持った、カルチャーの感動や感情を最も鮮烈に直接的に伝える誌面となっています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク