ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
<編集長シリーズ> Vol.9
GraphicsWorld StreamingWorld編集長 森屋義男氏が語る
編集の素材としてのコンピュータ市場の魅力
 
 
Graphicクリエイターに圧倒的な支持を誇る「GraphicsWorld」、そしてストリーミング時代の最先端マガジン「Streaming World」。編集長シリーズVol.9は、この2誌の編集長、森屋義男氏をお迎えします。
森屋氏はこれまでに一般情報誌や音楽雑誌などを経験した後、現在に至るまでの約17年間はコンピュータ関連の出版に携わってきた編集経験豊富な人物です。
3DCGやストリーミングなどの「グラフィックス」は、これからのコンピュータの大きなトレンドの1つと言い切る森屋氏。それは一過性のブームなどではなく、コンピュータの本質的な成長としてとらえることができるといいます。このセミナーでは、編集長の言葉を裏付けるように、コンピュータ市場がいかに魅力的な『編集素材』であるか、そしてコンピュータ雑誌がどのように変化してきたかを振り返ります。
「GraphicsWorld」の編集を通じて、編集長が日々感じていること、WEBとの共生など、これからのコンピュータ出版に関しても、みなさんと共に考える機会となればと思います。編集長への質問も受付中です。
 
 
 
· タイトル
<編集長シリーズ> Vol.9
GraphicsWorld StreamingWorld編集長 森屋義男氏が語る
 
· 講師
森屋義男(GraphicsWorld StreamingWorld編集長)
 
· 日付・時間
2002年11月15日(金)※延期になりました
 
· 参加料
2,000円(税込)
 
· 定員
70名(要予約・先着順)
 
· プロフィール
森屋義男 【もりや・よしお】
1956年東京生まれ。東海大学日本文学科中退。音楽の友社、冬樹社を経て、1985年ソフトバンク入社。The Computer、月刊PC、MobilePC編集長を歴任。1997年IDGジャパン入社。Macworld担当後、Graphics World、Streaming Worldを立ち上げ現在に至る。
 
· ひとこと
編集長からのコメント

編集者は料理人。どんな素材を扱っても、包丁捌きを磨き、自分の味を読者に問おう!


Graphics World概要

常に先進のコンピュータ環境を追い求めるパワーユーザーたちは、インターネットを表現の場としてイメージプロセッシングに取り組み始めました。一方デジタルメディアの可能性に目覚めたクリエイターたちは、Web、ゲーム、ビデオ、DTPなどを活躍の場とし始めました。本誌「Graphics World」は、そういったパワーユーザーやクリエイターへ向け、プラットフォームを限定せず、さまざまなグラフィックスのインフラ情報を提供していく媒体です。グラフィックス関連製品の網羅を主軸に据え、トレンド記事、業界ニュース、国内外クリエイターたちの最新作品の紹介などを誌面化していきます。
本誌はユーザーとクライアントを結ぶパイプ役として、両者からもっとも信頼のおけるメディアと呼ばれるよう、この新しい市場を盛り立てていきたいと考えます。
 
· 関連サイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク