ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
<編集長シリーズ> Vol.8Free&Easy編集長 小野里稔氏が語る
〜クリエイティブは机上では生まれない 人と人との接近戦の中から生まれる〜
 
 
編集長シリーズVol.8は、Free&Easy編集長、小野里稔氏。
Free&Easyは、男は男らしくリスクを背負って生きることをモットーとする、永遠の熱血不良少年を目指す男性に向けたマガジン。(Free&Easy17ヶ条より。詳細は同誌WEBサイトへ)コンセプトだけとってみても、エッジのきいた「男らしい」マガジンですが、編集長である小野里氏も、エッジのきいた人物。
今回のセミナーでは、小野里氏が日々考えていることや、編集を通じて世の中に伝えたいこと、そのクリエイティブワークのこだわりなどをお話しいただきます。
当日、直接編集長に会っておおいに刺激され、ご自身の好奇心や向上心を満たしてください。編集長への質問も受付中です。
 
 
 
 
· 感想
 
●また同じ小野里さんのセミナーを数年後来たい。

●編集人という枠に収まらない小野里氏は、結局やんちゃな(いい意味で)大人なんだと思った。でも、そうなれる人間は少ないんですよね。

●人にくいこんで関係をクリエイトして、世の中に発信し、世の中をクリエイトするという好循環が生まれた。

●とてもよかった。参考になった。やる気がでた。  

●とてもよいエネルギーがもらえました。元気になりました。

●とてもためになるお話を聞けてよかったです。

●楽しかった。立ち位置というワードが気になった。

●接近戦での恐さは、相当あると思う。同感できる。

●最高に面白かった。聞きたい話が聞けた。小野里さんのトークのトーンがいい具合にひっかかってきて満足。

●思った以上に刺激的なセミナーでした。

●小野里さんの話で少し前向きになれた。落ち込んでいることもそれを活かせれば、いいような気がした。ためになった。

●いろんなエピソードが楽しかったです。参考になりました。

●一本背骨を通すためのコンプレックスが自分にもあると実感しました。

●TVの企画も話が聞けるとは思っていませんでした。雑誌の人であると思っていたで。その分、意外性があって、刺激を受けました。

●2時間で消化できない程度の密度の濃い内容で、気付かされたところが多くありました。

●「マーケはやるな。人と同じでどうする!」というところ。もっと詳しく聞きたかったです。是非2回目を。
 
 
 
· タイトル
<編集長シリーズ> Vol.8Free&Easy編集長 小野里稔氏が語る
 
· 講師
小野里稔(Free&Easy編集長)
 
· 主催
C&R社 プロフェッショナルエデュケーションセンター
 
· 日付・時間
2002年10月30日(水)
 
· 参加料
2,000円(税込)
 
· 定員
70名(要予約・先着順)
 
· プロフィール
小野里稔 【おのざと みのる】
大学卒業後、総合商社勤務を経てクリエイティブの世界に入る。テレビ制作会社勤務時代にテリー伊藤と出会い数々のヒットを生む。それがきっかけで出版業界に転向。400万部のベストセラー『それゆけココロジー』や『デイトナ』『ライトニング』などを発行、雑誌業界に新風を送り込んだ。98年、男のライフスタイルマガジン『Free&Easy』創刊。現在は編集長を務める傍ら、テレビ制作会社イーストにて新しいソフトの開発にも参加している。鎌倉市在住。
 
· ひとこと
編集長からのコメント

情報やマーケティングでクリエイティブな仕事をするのは貧乏くさい!
クリエイターなら、企画一本で勝負しろ!
 
· 関連サイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク