ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
Creator's Forum 2008 Vol.138
アニメーション、その表現の可能性
〜映画監督 今敏の目線〜
 
 
時の人を、先駆者を、また業界のオピニオンリーダーを招聘することで、クリエイターの方々の羅針盤となればと実現したCreator’s Forumは、クリエイター同士が刺激し合うことはもとより、若手クリエイターの育成の場として機能していきたいと願って開催しています。

138回目を迎える今回は、作品を発表するたびに世界的な評価が高まっていくアニメーション監督、今敏氏をお招きし、映画監督業・アニメーションビジネス業、世界における日本のアニメーションの状況などを、どの様に考え、どうとらえているのか、自らの経験を元にお話いただきます。

TV、映画、インターネット、PVなどあらゆるメディアで、存在感を発揮しているアニメーション。

多様化していくメディアの中で、どのようなスタンスをもって、作品を発信しているのでしょうか。また、今氏の目線の先には何が見えているのでしょうか。

今までの作品や、これから制作する作品を題材に、アニメーション業界の現状や、作品に対するこだわり、海外での作品発表についての裏話など、さまざまな視点から今氏の人柄を探り、その作品を生み出す秘密にせまります。

講演後には、アルコールや、ソフトドリンクをご用意しての交流会を予定しております。飲物を片手に、リラックスした雰囲気の中、業界について、クリエイティブについて・・・等々、意見を交換するチャンスです。情報交換や、交流の場としてもぜひご活用ください。アニメーション業界の方のみならず映像やWeb、グラフィックなどクリエイティブ関わる方すべてにお勧めです。ぜひご参加ください!
 
 
 
· タイトル
Creator's Forum 2008 Vol.138
アニメーション、その表現の可能性
〜映画監督 今敏の目線〜
 
· 講師
今 敏(アニメーション映画監督・漫画家)・モデレーター 鶴田勇一(日本工学院専門学校グラフィックデザイン科科長)
 
· 主催
株式会社クリーク・アンド・リバー社プロフェッショナルエデュケーションセンター
 
· 日付・時間
2008年8月1日(金)
 
· 参加料
3,000円(税込)
 
· 定員
70名
 
· プロフィール
【こん さとし】
1963年北海道出身。武蔵野美術大学在学中に「ヤングマガジン」(講談社)誌上で漫画家としてデビュー。90年、初の単行本「海帰線」(講談社刊)を刊行し、その緻密な画力と構成力が話題を呼ぶ。続く91年には単行本「ワールドアパートメントホラー」(講談社刊)も刊行。アニメーション制作には、90年に「老人Z」の美術設定が初参加。以後本格的にアニメーション制作に携わり、91年の「走れメロス」(レイアウト)をはじめ、92年「MEMORIES/彼女の想いで」(脚本・美術設定)、93年「機動警察パトレイバー2」(美術設定・レイアウト)、OVA 「JOJOの奇妙な冒険/第5話」(脚本・絵コンテ・演出)など話題作を担当している。また、94・95年には漫画作品の「セラフィム」(「アニメージュ」掲載・徳間書店)、「OPUS」(「コミック・ガイズ」掲載・学研)なども発表。そして、引き続く97年には初監督アニメーション作品「パーフェクトブルー」完成。世界各国の映画祭に招待され数々の賞を受賞し、国内でも大ヒットを記録するなど、監督作として衝撃的なデビューを飾った。02年、自ら原案・脚本を手がけた「千年女優」を監督。ファンタジア映画祭でアニメーション部門作品賞とファンダジア・グラウンド・ブレイカー賞の二冠を獲得、スペインのシチュス・カタロニア映画祭オリエント・エクスプレス賞を受賞。国内では、毎日映画コンクール大藤賞、文化庁メディア芸術祭・アニメーション部門対象など数々の賞に輝く。第3作03年原画・脚本・キャラクターデザインを手がけた「東京ゴッドファーザーズ」は毎日映画コンクール・アニメーション映画賞など内外の多数の映画賞を受賞。04年には、TVシリーズ「妄想代理人」の原作、総監督を務める。
06年、筒井康隆原作の「パプリカ」を映画化。第63回〈ヴェネチア国際映画祭〉コンペティション部門出品、animecs TIFF2006 東京国際映画祭オープニング作品となる他、世界中の映画祭へ出品決定している。
07年4月から武蔵野美術大学・映像学科の客員教授に就任。
現在は次回新作オリジナルアニメーション映画「夢見る機械」を制作中。

モデレーター
【つるた ゆういち】
制作会社を経て1988年から日本工学院専門学校
グラフィックデザイン科教員
 
· 関連サイト
 
· 注意事項
・開催1週間前に最低開催人数に達しない場合は、延期または中止とさせていただくことがございます。予めご了承下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク