ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
Creator's Forum in EX'REALM [STUDIO VOICE]編集長 加藤陽之氏
雑誌という"オルタナティヴ"
 
 
6月3日(火)、Creator's Forumがパワーアップしてリニューアルスタート。
リニューアル第1弾は、常にスタイリッシュに、たゆまず違う方法や見方を提案している「STUDIO VOICE」編集長の加藤陽之氏をお迎えします。

DTP革命以降、さまざまなメディアが私たちのまわりに登場してきました。フリーペーパー、広報誌といった紙媒体、携帯電話、インターネットという電子メディア、CS、BS、ストリートに出ればそこには看板やPOP…。そういった多様なメディア環境のなかで、なぜ雑誌は存在しているのか?雑誌の役割とは何なのか?なぜ STUDIO VOICE は紙を選んでいるのか?当日は、STUDIO VOICE の過去10年を振り返りながら、現在のメディアの在り方、クリエイションの未来についてなど、現場からの報告を行なっていただきます。

フリートークの懇親会も準備しています。ぜひご参加ください。
 
 
 
特別協賛:キヤノン株式会社
キヤノン・デジタル・クリエイターズ・コンテスト
· タイトル
第124弾 Creator's Forum in EX'REALM [STUDIO VOICE]編集長 加藤陽之氏
 
· 講師
加藤陽之(STUDIO VOICE編集長)
 
· 主催
株式会社 クリーク・アンド・リバー社

特別協賛:キヤノン株式会社
協力:KIRIN EX'REALM
 
· 日付・時間
2003年6月3日(火)
 
· 参加料
3,500円(税込) 1ドリンク・スナック付
 
· 定員
50名
 
· プロフィール
【かとう・はるゆき】

1963年兵庫県生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。広告代理店・旭通信社(現アサツーDK)などを経て、1993年雑誌「STUDIO VOICE」に参加。1997年より同誌編集長。

STUDIO VOICE
1976年創刊。2003年6月号でVol.330を迎える月刊誌。毎号ひとつのテーマを掘り下げる特集主義、音楽、アート、映画、ファッション、建築など、あらゆるジャンルをピックアップする多様性、斬新なヴィジュアルワーク──これらの特徴的なファクターがクリエイティブに関心の高い読者から圧倒的な支持を得ている。東京を代表する雑誌として、ロンドン、パリ、NYなど海外のセレクトショップでも販売されている。
 
· 関連サイト
 
· 注意事項
開催曜日、場所、時間、参加料等が通常と異なっております。
ご注意ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク