ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
独創的で創造力みなぎる作家たちの作品を上映し、支援する国際映画祭
「東京フィルメックス」を語る
 
 
川喜多記念映画文化財団のゼネラル・コーディネーターとして、カンヌ、ヴェネチア、ベルリンの三大国際映画祭をはじめ、60あまりの国際映画祭に参加し、日本映画の出品・紹介に奔走。モントリオールやハワイ国際映画祭の審査員を務める。また、ベルリンやヴェネチア映画祭のコンサルタントに就任して、アジア映画の選定に協力。2001年には、アジアを中心とした新しい作家の映画を支持する国際映画祭・東京フィルメックスのディレクターに就任。現在に至る。
今年の第3回東京フィルメックスは12月1日(日)〜12月8日(日)の期間、東京・有楽町朝日ホール、シネ・ラ・セットにて開催される。
国際映画祭の仕組み、運営、参加についてお話を伺います。
 
 
 
· タイトル
第115弾 独創的で創造力みなぎる作家たちの作品を上映し、支援する国際映画祭
「東京フィルメックス」を語る
 
· 名前
林加奈子(アジア映画祭「東京フィルメックス」ディレクター)
 
· 主催
C&R社 プロフェッショナルエデュケーションセンター
 
· 日付・時間
2002年11月14日(木)
 
· 参加料
1,800円
 
· 定員
80名
 
· プロフィール
本名 皆川 加奈子。1962年9月生まれ。85年、上智大学文学部哲学科卒業。86年10月(財)川喜多記念映画文化財団に勤務。ゼネラル・コーディネーターとして主に諸外国の国際映画祭との交流、日本映画の上映に尽力。98年4月から01年まで香港に居住。香港国際映画祭への協力、並びにプロダクションとの協力関係を深める。01年2月、東京フィルメックス ディレクターに就任、現在に至る。

主な活動歴
1986年10月(財)川喜多記念映画文化財団に在職中、世界各地ののべ60あまりの国際映画祭に参加。モントリオール世界映画祭新人賞やベルリン国際映画祭フォーラム部門ヴォルフガング・シュタウテ賞はじめ、ハワイ国際映画祭、トリノ国際映画祭(短篇部門)等の審査員を勤める。
1995年4月(財)東京国際映像文化振興会の新人監督助成プロジェクトに審査員として参加(1998年3月まで)
1997年 シネフィルイマジカ番組審議委員(現在まで)
1998年8月 キネマ旬報に各国の国際映画祭の状況を連載レポートする。(全12回、半年にわたり)
1998年 ベルリン国際映画祭フォーラム部門コンサルタントに就任、アジア映画の選定に協力
1999年 ベネツィア国際映画祭のコンサルタントに就任、アジア映画の選定に協力
 
· 関連サイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク