ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
恐怖の怪獣映画から恋愛映画まで
〜「平成ガメラ」シリーズやゴジラ映画第25作「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」から11月16日公開、新作恋愛映画「恋に唄えば」を語る〜
 
 
2002年6月発売のシネマスケープUSA誌のサマームービープレビュー「Most First People」に金子修介監督が62位に選ばれた。1位がかのジョージ・ルーカス、2位がスティーブン・スピルバーグといった面々。このランクはCG映画やゲームで活躍するクリエイターのランクらしいが、ワールドワイドで62位はすばらしい。金子修介監督の面目躍如というところか。
ガメラの平成復活やワルで強くて怖い原点ゴジラを描くなど、怪獣映画の枠を超えたエンターテイメントで楽しませてくれる金子監督のもう一つの顔は、ロマンチシズム。新作「恋に唄えば」で、その辺をお聞きしたいと思います。ご期待ください。
 
 
 
 
· 感想
 
・メイキングは少し長かったのですが、金子さんのお話は楽しかったです。(男・29歳・映像制作)

・面白く、勉強になりました。(男・25歳・フリー)

・よかったです。個人的にはもっと遅く始まってもOK。(男・49歳・会社員)

・もっと「ゴジラシリーズ」の話が聞きたかったです。ただ、”ここだけの話”がたくさん聞けたので満足。(男・32歳)

・経歴の中で、いい出会いが印象的でした。(男・37歳・会社員)
 
 
 
最新作の裏話もたくさん聞けました!
· タイトル
第109弾 恐怖の怪獣映画から恋愛映画まで
 
· 講師
金子修介(映画監督)
 
· 日付・時間
2002年9月26日(木)
 
· 参加料
1,800円(税込)
 
· 定員
80名
 
· プロフィール
1955年6月8日東京都渋谷区初台生まれ。三鷹高校在学中に8ミリ映画を製作し、監督を志す。1978年、東京学芸大学教育学部小学校教員養成課程国語科卒業後、日活(現・にっかつ)に入社。助監督として、小原宏裕監督、森田芳光監督らに師事。81年TV「うる星やつら」でライターデビュー。映画脚本に「聖子の太股」「スケバン株式会社」など。84年2月「宇能鴻一郎の濡れて打つ」で監督デビュー。「メインテーマ」の助監督の後「OL百合族19歳」「イブちゃんの姫」「みんなあげちゃう」「いたずらロリータ」などにっかつロマンポルノを数多く手がけた。85年フリー。以後87年「恐怖のヤッちゃん」、88年「山田村ワルツ」「1999年の夏休み」(第10回ヨコハマ映画祭新人監督賞受賞)「ラスト・キャバレー」(第4回にっかつロマン大賞監督賞受賞)、89年中山美穂主演「どっちにするの」、90年「香港パラダイス」、95年怪獣映画「ガメラ・大怪獣空中決戦」(第38回ブルーリボン賞監督賞、第17回ヨコハマ映画祭監督賞受賞)、96年「ガメラ2・レギオン襲来」(第17回日本SF大賞)、97年には日本デザイン賞の受賞もある。99年「ガメラ3・邪神(イリス)覚醒」、00年「クロスファイア」、01年「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」を発表。
 
· 関連サイト
 
· 開演時間の変更のお知らせ(9/13)
当日、「恋に唄えば」完成披露試写会のため、監督の来場が遅れます。
そのため、開演をPM7:00と変更させていただきます。

PM7:00〜 「恋に唄えば」メーキングをご覧いただきます。
PM8:00〜10:00 金子監督によるお話をお伺いします。 

ご理解の上、お申し込みいただきますようお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク