ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
Creator's Forum 2002 in BROBA Vol.1純国産エンターテイメント映画『Returner リターナー』ができるまで
 
 
CG、VFX、フィルムコミッション…日本映画のクリエイションの現在(いま)を語る

94年岩井俊二監督の映画デビュー作品「Undo」「PICNIC」を皮切りに、「踊る大捜査線 THE MOVIE」「サトラレ」等 今や日本で最も有名な映画制作会社のひとつとして、多くの映画ファンそしてクリエイターを轢きつける会社ROBOT。
今回は、そのROBOT映画部をチーフプロデューサーとして引っ張る堀部徹氏をお迎えし、
今まで手がけた映画作品に隠された様々なドラマ、そして8月31日より公開される、「Returnerリターナー」(監督:山崎 貴)でも駆使されたCG、VFX、フィルムコミッション等日本映画のクリエイションの現在を、そして作品の作り手としての映画に対する想いを語っていただきます。
 
今回はBROBA special を記念して ブロードバンドポータルサイトBROBAにて当日のダイジェスト映像配信とビデオチャットを行います。
BROBA開催記念として参加者全員に「Returner」(8月31日公開:東宝配給)チケットとパンフレットをプレゼント!
(この回のフォーラムでは招待券、優待券の使用はできません)

※当フォーラムは月曜日開催となっております。ご注意ください。
 
 
 
 
· 感想
 
色々映画の出来上がるまでのお話が聞けたので面白かったです。全く知らないジャンルなので良い勉強になりました。(28歳、女、イベントコンパニオン)

彼と一緒に映画が見れそうです。(24歳、女)

はじめて参加しましたが、盛況なのに正直びっくりしました。どんな人たちが来ているのだろうと思いました。(43歳、男、シナリオライター)

私も唯一無二の人になってみたい(映画会社社員)

映画を目指しているのでプロデューサーの話はとても参考になった。映画界への理解が深まった。(23歳、男、学生)

楽しかったです。直に制作サイドの方の声が聞けて充実した時間を過ごせました。(31歳、女、会社員)

自分の勤務する音楽関係の会社に置き換えて、興味深く聞かせていただきました。堀部さんの会社設立から現在までのお話、会社側としてのあり方、プレゼンの重要性など、充実したフォーラムでした。(43歳、女、会社員)

プロデューサーだけあって話が面白いし、小出氏との掛け合いも楽しかった。(36歳、男)

前半の前振りが長かったです。対話形式は聞いていてつらいと思います。(29歳、男)

色々なことに気づかせてもらいました。映画製作って深いんですね。私はぶつかり合いを避けたりしていましたが、質を高められる手段の1つときいてなるほどと思いました。適当によけたりしましたから・・・。(女、会社員)

小出さんのお話ももっと聞きたかったです。楽しいフォーラムでした。(36歳、女、会社員)

過去作品からリターナーまで貴重なお話が聞けてうれしかったです。またこのような機会があったら参加したいです。(32歳、女、会社員)

大変勉強になりました。(31歳、女、会社員)

堀部プロデューサーは人をひきつける魅力のある人だと感じました。僕も自分の道を極めたいと思う。(22歳、男、学生)

予告版の売りについての話とかあまり聞けないので面白かった。広告としての予告、映画監督とかと全く関係ないとは知らなかった。(46歳、女、主婦)

気さくな方で面白かったです。一方的な講義ではなく、色々と質問に答えてくださったのが良かったです。ありがとうございました。(22歳、女、学生)

楽しいフォーラムでした。(22歳、男、学生)

生の声が聞けて良かったです。(51歳、女、主婦)

何も考えずに来たのですが、今回ROBOTの堀部さんのお話をきいてROBOT製作のほかの映画を見てみたくなりました。すばらしいしCM効果ばっちりですね。(28歳、女)

大変楽しい時間でした。堀部プロデューサーはお話が上手です。(39歳、女、会社員)

映画をプロデュースする側=ビジネスとしての視点から見た話がきけてよかった。(21歳、男、学生)

軽く、さわやかな語り口調の中に、非常に重要なプロ精神がいくつもちりばめられていた。プロの世界をきくことができて非常に光栄です。(22歳、男、学生)
 
 
 
· タイトル
第104弾 Creator's Forum 2002 in BROBA Vol.1純国産エンターテイメント映画『Returner リターナー』ができるまで
 
· 講師
堀部 徹(ROBOT映画部チーフプロデューサー)
 
· 日付・時間
2002年8月26日(木)
 
· 参加料
\1,800(税込)
 
· プロフィール
1959年11月21日生まれ。東京都出身。TVCMプロデューサーとして、ROBOT設立に参加。「資生堂スーパーマイルド」「アロンアルファ」「イチロ日産キャンペーン」「JR Ski Ski」等、数多くのテレビコマーシャルを制作。94年、岩井俊二監督の映画デビュー作品「Undo」「PICNIC」を皮切りに映画制作を始める。その後、本広克行、落合正幸、そして森淳一らの映画デビュー作をプロデュース、新たなる才能を世に送りだすことに成功している。1998年「踊る大捜査線 THE MOVIE」以降は、ROBOT映画部プロデューサーとして活動。現在、ROBOT映画部取締役部長。
 
· 関連サイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク