ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
人のアーティストが語るアートディレクションの楽しさ、 おもしろさについて
「ハッチポッチステーション」や「映像」「絵本」の魅力とは
 
 
こだわって、こだわって作られているハイテンション10分、バラエティ番組「ハッチポッチステーション」(NHK教育);この番組のアートディレクションを担当しているのがイラストレーター藤枝リュウジ氏である。そして、片や藤枝氏の盟友でサントリーリザーブ(黒沢明監督、宮川一夫撮影)のCMが有名な映像作家 亀井武彦氏。
お二人のアーティストをゲストに迎えて今回はどんな話が伺えるのだろうか。なつかしいサン・アド時代の話も聞けそうである。お楽しみに!
 
 
 
 
· 感想
 
・お二人の話される言葉の立場に今の自分の迷いや、考えと合致するものがありなるほどと納得させられる場合が多くありました。(26歳・女性)

・面白かったです。大いに参考になりました。がんばろうという気が出ました。(27歳・女性・デザイナー)

・不思議な雰囲気だった。(女性・26歳・ガラスアクセサリーデザイナー)

・すばらしかった。ドキュメンタリーもすばらしかった。私が感銘を受けたクリエイティブをまのあたりにできとても幸せでした。(32歳・女性)

・もうちょっと藤枝さんのお話も聞きたかったのです。画家的な発言が今までになく面白かった。(女性・30歳)

・すごく奥深くて、自分の作品、仕事に対する姿勢を考え直すいい機会になりました。また大変参考になりました。(女性・29歳・グラフィックデザイナー)

・懐かしい映像でその世界が新鮮だった。さらにBGMはすごく良かった。(男性・30歳)

・亀井さんの熱の入った話に、作品に感動した。良い勉強になった。(女性・24歳)
 
 
 
藤枝リュウジ氏
会場に展示された藤枝氏の作品
亀井武彦氏
· タイトル
第95弾 人のアーティストが語るアートディレクションの楽しさ、 おもしろさについて
 
· 名前
藤枝リュウジ(アートディレクター・イラストレーター)×亀井武彦(画家・映像作家・墨筆家)
 
· 日付・時間
2002年06月20日
 
· 参加料
1,800
 
· プロフィール
藤枝リュウジ(アートディレクター・イラストレーター)
1943年東京生まれ。68年東京芸術大学工学科ビジュアルデザイン科卒業。同年、(株)サン・アド入社。72年フリーランスになる。87年(株)藤枝リュウジデザイン室設立。

受賞歴
1969年 毎日広告賞、日宣美入賞、サントリー、ホンダの広告制作受賞多
1974年 「ACC賞など」ザクトライオンTVCF
1976年 「ADC入賞」BVD TVCF
1994年 「世界ポスタートリエンナーレ入賞」PASH HOMMEポスター
1994年 「世界ポスタートリエンナーレ銅賞受賞」TISポスター
1995年 「ニューヨーク・クリオ賞」東急電鉄マナー広告
2000年 「あそびのおおさま」イタリア ボローニャ絵本大賞受賞

主な仕事
1972年 BIGI(ファッションメーカー)のCI、広告多数制作
1977年 初絵本「STARGOBRIN BOY」(ENGLISH CENTER)
1979年 渋谷東急プラザキャンペーン
1982-98年 たまプラーザ東急SC広告制作
1990-92年 PARCOギフトキャンペーン
1992年 東京イラストレーターズソサエティ、ロスアンジェルス展参加
1992年 東急リゾートのAD、イラストレーション
1993-96年 MYCAL・SATY・VIVRE広告制作
1995-97 東急百貨店クリスマスキャンペーン、イラストレーション
1996年〜 「ハッチポッチステーション」NHK教育番組
1997-01年 「うたっておどろんぱ」NHK教育番組

所属会員
東京イラストレーターズソサエティ(TIS)
日本グラフィックデザイナーズ協会(JAGDA)

亀井武彦(雅号・玄亀阿仁磨) ARTIST(画家、映像作家、墨筆家)
1940年、東京生まれ。国内外で絵画および映像作品を制作、発表。カナダを始め諸外国を旅し、受賞歴多数。美術館、財団、個人に所蔵されている。81年以降、「ANIMART」と命名した創作活動を試みながら、写真、絵本、広告などの表現も楽しむ。幼い頃から親しんでいた墨筆による作品を発表し始める。
 1999年1月、フランスのエルメス社の依頼により、宇宙を巡る水を描いた屏風絵と、那智瀧を撮影した特殊映像を組合わせた作品展「浄化」を開催。4月、NTT社の依頼により、日本文化を海外に紹介する映像作品「笙」を監督。
 2000年1月、数寄和社の企画による軸装展「玄亀墨息」、6月には団扇と扇子に描いた作品を加え「玄亀墨風」展を開催。8月、日仏の映画撮影監督の出会いを記録した映像作品「反射スル眼」を、宮川一夫一周忌に発表。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク