ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
Creator's Forum 2002 Special TOLLYWOOD Night
趣味からビジネスへ―プロへの道 ビジネスとして成功する映画づくりとは
 
 
フォーラム初の座談会形式による2時間。大槻氏、野口氏の本音トークが炸裂予定!自主制作の現状、自主制作からプロになるというプロセスにはどんな課題があるか、など、TOLLYWOODという唯一無二の舞台ならではの実例、実感を交えて、映画ファンから映画人、これから映画界へと夢見ている人にまで有意義なディスカッションが展開されるはず。

TOLLYWOOD Night当日は2部構成で、
第1部(18:30〜19:50予定)ではフォーラム初の座談会形式で、TOLLYWOOD代表の大槻氏、TOLLYWOODで大ブレイク中の映画「演じ屋」の監督である野口氏の本音トークが炸裂予定!自主制作の現状、自主制作からプロになるというプロセスにはどんな課題があるか、など、TOLLYWOODという唯一無二の舞台ならではの実例、実体験を交えた有意義なディスカッションを予定しています。

続く第2部(19:55〜20:30予定)では軽食と飲み物をご用意いたしますので、大槻氏、野口氏お二人と参加者の皆様を交えたフリートークをお楽しみください。

TOLLYWOOD Nightは映画ファンから映画制作者、これから映画界へと夢見ている人に映画制作の現状と可能性を考えてもらおうと企画されたものです。

ぜひ、この機会にクリエイターズフォーラムにお越しください
 
 
 
 
· 感想
 
・映画界の大御所とかでなく、参加者にとって比較的近い立場にいる野口監督のような人の話を聞けるのは、参考になった。(男 23歳 フリーター)

・途中で間食が入ると大変助かります。この時間帯は空腹のために内容に集中できないことが多いですからね。で、本編のほうでは映画界の未来が明るくなる思いで聞いてしまいました。(男 36歳 制作)

・もっと専門的な用語が出てきてわからないかと不安でしたが、そんなことはなくて安心しました。(女 21歳 学生)

・今まで知ることのなかったお二人の意見を聞けて大変勉強になりました。(女 22歳 プログラマー)

・かしこまりすぎず、色々な話しが聞けて面白かったです。お食事もおいしかったです。ロビーへの出入りがしやすいともっと気軽だったと思います。(女 20歳 学生)

・TOLLYWOODは非常に共感できるところなのでこれからもがんばってほしい。(女 24歳)

・おつかれ様でした。(男 26歳 コピーライター)

・可能性を感じました。(男 23歳 学生)

・刺激的で楽しかった。(男)

・肩をはらずに楽しいお話がうかがえました。参加できてよかったです。(女 33歳 ビデオ編集)
 
 
 
· タイトル
第81弾 Creator's Forum 2002 Special TOLLYWOOD Night
 
· 講師
大槻貴宏(TOLLYWOOD代表)×野口照夫(演じ屋監督)
 
· 日付・時間
2002年02月28日
 
· 参加料
1,800
 
· プロフィール
大槻貴宏(TOLLYWOOD代表)
成城大学卒業後、米国・シカゴの大学で2年間映画を学び、映画製作に取り組む若手支援の重要性を痛感。その後、専門学校で映画の講師を務める傍ら、平成11年日本初の短編専門映画館・TOLLYWOOD(トリウッド)を開館。代表を務め、若手の育成だけでなく、日本映画界のすそ野拡大も目指す。

野口照夫(演じ屋監督)
1974年10月10日 東京都 A型
大学時代、映画部を結成し、短編作品などを制作。
卒業後は映像制作会社に進む。2001年よりフリ−となり大学時代の映画部の仲間を母体に主力会を結成、連続ドラマ形式の映画『演じ屋』の制作・公開をスタ−ト。黒ベタ使い・字幕の多用などコミックやバラエティー番組の手法を取り入れた演出と連続ものの映画という新しい上映形態で回を重ねるごとに動員を伸ばしている。

TOLLYWOOD(短編映画館トリウッド)

下北沢駅から商店街を一直線にあるいて約5分。座席数は46席のまさに、小劇場だが座席はゆったりめでスペースもたっぷり。正式ロードショーの権利を得るための『スニークプレビュー』は、観客だけでなく出品者たちも絶賛している実力主義のルール。自作映画を持ち込んで上映できる、スペースレンタルというサービスもある。どれもが、トリウッドならではのユニークな企画だ。

所在地/東京都世田谷区代沢5-32-5-2F(最寄駅/小田急線下北沢駅)
Tel.03-3414-0433

『演じ屋』(1話45分作品)

「ベタ使い」や「字幕の多用」など、コミック漫画を彷彿させる演出と連続ドラマ(全9話予定)を映画館で上映するというスタイルで大反響を巻き起こした。壱幕(1話)、弐幕(2話)ではロードショー2週間で2500人超、01年10月公開の三幕まででトータル5,000人以上の観客動員を果たした。
 
· 関連サイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク