ページトップ
PECロゴ
左マージン
PECプログラム
マージン
プログラムバックナンバー
マージン
メルマガ登録
マージン
コンテンツ
マージン 右マージン
ナビゲーションバー上
ナビゲーションバー下
バックナンバー詳細 ホームにもどる
 
 
 
 
 
活動屋は映画に命をかける
 
 
「私にとっての神様は、黒澤明監督と俳優高倉健さん」と木村氏。
黒澤明、高倉健をはじめとする日本映画界を代表する監督・俳優人と共に、日本の映画史を疾走し続ける撮影監督がレンズを通して見たものは。できる限り若手と仕事がしたいという「活動屋」が、木村流撮影術をユーモアセンスたっぷりに語ります。
 
 
 
· タイトル
第17弾 活動屋は映画に命をかける
 
· 講師
木村 大作(映画撮影監督)
 
· プロフィール
都立蔵前工業高校卒業後、東宝撮影部に入社。1973年に「野獣狩り」で撮影監督デビュー。「日本沈没」「八甲田山」「復活の日」「駅 STATION」「海峡」など話題作を続々と手がけた後、1982年にフリーカメラマンへ。
その後も「居酒屋兆治」「夜叉」「火宅の人」「極道の妻シリーズ」「霧の子午線」「わが心の銀河鉄道 宮沢賢治」「誘拐」「おもちゃ」「鉄道員」など精力的に活動をしている。
今年60才を迎えた木村氏は、最近ではウッチャン・ナンチャンの「笑う犬」や年始恒例の「芸能人かくし芸大会」などバラエティー分野でも人気者。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  クリークアンドリバーロゴマーク
〒102-0083 
東京都千代田区麹町二丁目10番9号C&Rグループビル
株式会社クリーク・アンド・リバー社
プロフェッショナルエデュケーションセンター
TEL:03-4550-0063 / FAX:03-4550-0062  E-mail: info@c-place.ne.jp
PECロゴマーク